12月30日(金)第223回金曜日行動

 先週はクリスマスムードでしたが、今週はもう正月モードです。

暮れの忙しい時間帯にもかかわらず、今年最後の行動に15名ほどが集まりました。手違いから少し遅れての開始となりましたが、いつものようにチラシ配り、替え歌、コール等の行動ができました。

 東芝は原発事業で巨額の損失が続いていますが、さて、今後どうなるでしょう。銀行や政府はどう対処するでしょうか?見守っていきましょう。

 凍土壁の効果は限定的と原子力規制委員会は判断しました。345億円の国費を投じたのに、海岸でくみ上げている量は減ってないとのことです。冬なのに凍らない凍土壁っていつになったら凍るの?

 

参加者の皆さんに今年はどうでしたかと聞いてみました。

・「運動は盛り上がってしぼんだかのように見えたが、東電の責任を政府に認めさせていかないと。廃炉費用2,5兆を国民負担にされるようなことになる。国民にあきらめさせようとしている」

・「低線量被ばくのこと、原発従事労働者のピンハネ問題をちゃんとやってほしい」

・「東電から生活クラブの電気に変えた」

・「何も変わらない年でした」

・「雨にもマケズ、風にも負けない一年でした。よく頑張った」

・「体の調子が悪く、参加したくても毎回参加できなかったが、今年最後だから参加した」

・「自然エネルギ―への変換を呼びかけよう」

・「福島第二原発の廃炉がまだ決まっていないので、廃炉に」

・「替え歌が83曲になった。100曲まで頑張る」

・「先日の地震で3.11を思い出した。原発の燃料プールが危ない」

・「避難している人はどんな正月を過ごすのだろう」

・今年も無事に金曜行動ができましたことに感謝です。

・一日も早く脱原発の方向が示されますように。それまではこの行動が継続されますように。

 

 来年は6日から始まります。よいお正月をお迎 ください。

 

 今日の空間線量は0.083~0.103マイクロシーベルトでした。

                 2016/12/30

.

12月23日(金)第222回金曜日行動

 

  昼間は12月とは思えない暖かな日でしたが、夕方は風が冷たく Wデッキの上は鼻水が流れるほどでした。

 洞窟の中にはいまにも動き出しそうな動物や、人の姿が線刻や 彩色されて描かれています。今上野の国立科学博物館で開催中のラスコー展は ご覧になりましたか?教科書で見たあの絵です。(2月19日まで)

 今から 2万年前のクロマニョン人たちが描いた洞窟画を展示しています。しかし、 なぜ描いたのかなどはわからないことばかりです。 そして、現代人は2万年先に何を遺すでしょうか?核のゴミでしょうか?その毒性が消えるのに 10万年ともいわれています。フインランドのオンカロでは地下を掘って核のゴミを 埋めようとしています。

 オンカロとは洞窟という意味だそうです。そして、フランス、 スイスも地下に埋めようとしています。  しかし、地震国日本では地下に埋めるのは危険です。どうでしょう、文明は進んだといえるのでしょうか? 今日の発言から 「反原発にはクリスマスもお正月もない、廃炉費用に21、5兆円もかかる。東電も 政府も誤りを認めないで、東電へ3度目の救済をする。廃炉費用、除染費用も国民負担となる」 「来年事故から6年になり、避難解除となるけれど帰って大丈夫なのか」 「帰還困難区域の除染費用は復興予算を使い国民負担という。汚染者負担の原則が崩れる。なし崩しに 国民負担が増えていく」

 

 替え歌もクリスマスソングでした。寒い中署名、チラシを受け取ってくださった方ありがとう。 来週は今年最後の行動です。クリスマスプレゼントとして低線量内部被ばくの危険性を訴えている児玉順一医師 の冊子を配りました。読みたい方は声をかけてください。 来年は6日からです。

 

 今日の空間線量は0.091~0.993マイクロシーベルトでした。

                    2016/12/23

 

 

 

12月16日(金)第221回金曜日行動

 今日は風が強く、Wデッキにいると体感温度は真冬並みでした。それにもかかわらず20名を超える人が集まりました。 寒さのせいかチラシを受け取る人はすくなかったようですが、署名には高校生も参加してくれました。  

 事故や災害が起きたとき「きっと大したことではない」と自らに都合よく解釈し、ことの深刻さを見誤ることを社会心理学で、「正常性バイパス」というそうです。これって原発事故にもいえないでしょか。「ただちに健康に影響ない」「原子力の平和利用だ」などと刷り込まれ、なるべく考えたくないという心理が 働いてしまう人が多いようです。そんなひとたちにどうすれば原発の危険性を伝えていけばよいのでしょうか。

 ノーベル文学賞作家のアレクセービッチさん(チェルノブイリの祈り)が来日して、福島を訪ねて、被災者と対話したそうです。福島で感じたことは「荒廃した集落、日本には抵抗の文化がないのだと思います。祖父を死に至らしめた国を訴えた女性がいるが、そんな訴えが何千もあったら国も変わるかもしれません。国は軍事ではなく代替エネルギーをみつけることに 投資すべきです」と話しています。

 フランスやスウェーデンでは国への訴訟がいくつも起きているそうです。文化の違いと言ってしまえばそれまでですが、日本では出る杭は打たれといって、人と違うことをすることを嫌がる傾向があります。しかし、原発事故は起きないとされていた事故が起きて、そのままでいいはずはありません。変えていこうとする一人一人のエネルギ―を集めていきましょう。 今日の発言から「廃炉費用は21兆億円。その費用は国民負担、みんなそれでいいの?」「電気は足りているのに40年越えの原発を動かそうとしている。原子力規制委員会は自分たちで決めたことを、20年延長とはおかしい。配管の金属疲労も起きて、地震も津波もある、原発なのに」「原発再稼働なんて一部の人がもうかるだけで、大多数の人は不幸になる。こどものいじめもおこる」にコール、チラシ配り、署名と寒さの中での行動でした。

 次回は23日クリスマスです。 参加者に素敵なプレゼントを用意しました。どうぞ暖かい服装でおいでください。

今日の空間線量は0.089~0,109マイクロシーベルトでした。

                  2016/12/16

 

12月9日(金)第220回金曜日行動

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  今日は少し暖かだったですが、さすがに師走、寒い日々が続きますね。北日本の日本海側は大雪で大変です、冬型の気候になったのですね。見上げると、寒い夜空に、三日月が冴えていました。

 

 福島原発事故の賠償費・廃炉費がこれまで11兆円と言ってきましたが、21兆円以上掛かると政府は言いだしました。そこで、3.11以前は原発の電気を使用していたという事を理由にして、送電線の使用料に1ヶ月当り18円を上乗せして、新電力の利用者にも負担させようと、彼らはねらっています。さらに、12月5日の報道によると、政府は、発電所を持たない、あるいは発電量が少ない新電力の事業者を救うためとの名目で、東電等の原発を所有する大手電力に、電力卸売り市場への電力供給量を大幅に増加させる方針、との事。前者の件も後者もいずれも、狙いは、原発の温存と原発を持つ大手電力の救済です。私たちは、決してだまされてはなりません、これを認めてはなりません。

 11月30日、政府は、「もんじゅ」を廃炉にするけれど、「核燃料サイクルは維持推進し、世界最高レベルの高速炉の開発、実用化」を国家目標にすると。1兆円を費やしてもトラブル続きでほとんど運転実績もあげられなかった「もんじゅ」の検証がないまま、またまた膨大な税金が、この危険な無駄に費やされようとしています。いい加減にしろ!という事です。

 11月22日、福島第一原発事故後の作業で被曝し白血病になったと労災認定された北九州の元作業員が、東電を提訴しました。「東電のずさんな現場管理のために、被曝を強いられ、死の恐怖にさらされた」・「なにひとつ謝ってくれない。ショックと怒りがこみあげる」と主張しています。そんな廃炉作業に今日も6千人の人々が働いています。

 11月16日、柏・松戸・我孫子・流山・印西の5市の市長が指定廃棄物の最終処分場の早期確保を環境省に要望したとの事。高レベル放射性廃棄物の処分場は勿論、現在は市町村で1時保管されているこれら指定廃棄物の処分場についても全く見通しが立たないのに、再稼働を進め、なおも高速炉の開発をすすめようとする政府・原子力村の姿勢に、私達は強く抗議しなくてはなりません。原発を止めて、放射性廃棄物のこれ以上の増加を喰いとめなくてはなりません。

 12月6日、私の家(我孫子市)で採れた今年のミカンから、15ベクレル/㎏のセシウム137が検出されました(市費で電力中央研究所で検査)。福島事故以来、毎年です。同日の新聞報道では、福島沖の魚介類の全検体で、セシウム137が検出限界値を下回ったと。本当でしょうか? 

 4月から電力の小売り自由化が始まりましたが、あなたのお宅では、どこの電気にしましたか? 原発に反対なら、東京電力はやめましょう! 15年度の再生可能エネルギーによる発電量は、14.5%になったとの事です。FIT法の改悪など、政府・原子力村の妨害にも関わらずです。妨害がなければ、再生可能エネルギーの発電量はもっともっと増える、と見る専門家は多いのです。東電やめて、原発のいらない社会を早く作りましょう。

 

 今日は、参加者はいつもより多く20名以上で、1ヶ月前に柏に引っ越して来られた方が、始めて、参加して下さいました。多くの方に署名をしていただき、多くの方にチラシを配らしていただきました。でも、働き盛りの20代から40代の男性の無視・無関心はやはり気になりますね。彼らを惹きつけるには、どうしたらイイか、大きな課題です。

 

今日の空間線量はWデッキの机の上で、0.099~0.103マイクロシーベルトでした。

                       2016/12/9

 

12月2日(金)第219回金曜日 行動

 もう12月に入ってしましました。夕暮れも早くなって、西の空には三日月が出ていました。今日は比較的暖かくて助かりました。

 今から30年以上も前に「原発はいつか必ず事故が起きる。いつどこで起きるかわからないだけ。危険な原発は建てさせない」と住民が反対運動をして、原発計画を断念させた場所が全国に34か所ありました。

 紀伊水道をはさんで、徳島県阿南町と和歌山県日高町の人たちは、ともに反対運動をしました。その証言ドキュメンタリー映画「シロウオ」があります。そこに「戦争も原発もお上のいうこと信じていたらあかん。もうだまされたらあかん」(元教師)「第一次産業に携わる人は得るものがなくて、失うものばかり」「推進派と反対派住民が分断される」などの言葉がでてきます。強い反対運動をしたところは、原発ができませんでした。

 約20年かけ、1兆円をかけたもんじゅは廃炉にするが、その代わり実用化に近い実証炉を福井に検討というが、何のためにでしょうか?

 使用済み燃料再処理工場 (東海再処理施設)の廃止に向けた工程がでましたが、廃止完了までに70年かかり、当面の10年間に2170億円と見込まれています。

 だれが引き継いでいくのでしょう。引き継いでくれるでしょうか?

今日の発言から「原点にもどって原発のこと考えよう。放射性物質にかこまれるお正月はいやだ」「危ないリニア 問題の多いリニアはいらない」「ひとりひとりが危険な原発は止めようと意思表示しよう」「地震のたびに原発を心配するのはいやだ。安心して暮らしたい」などなど。福島、 川内市出身の方が署名をしてくれました。

 今日の空間線量は0.089~0.109マイクロシーベルトでした。

                   2016/12/2

11月25日(金)第218回金曜日 行動

 

  11月の雪にはびっくりですが、いよいよ異常気象ですかね。

 JR北海道は10路線の存続危機を訴えています。政府はリニアのためならJR東海に3兆円の融資を決めました。

 東海道には新幹線もあります。問題の多いリニアは必要でしょうか?それより生活網にお金を使うべきでは?不便なところはますます不便になり、人が住まなくなると、放射性廃棄物の処理場にならないだろうか。自治体もまとまった交付金が入るならと、誘致しないだろうか。もしかしたらそれが目的?じわり退路をなくしていく方針?

 福島沖のM7.2の地震がありました。テレビは地震、津波関係のニュースばかりで、あの東日本大地震を思い出しました。さらに福島第2原発で3号機の燃料プールの冷却装置が停止というニュースが流れ、また原発事故かと怖くなりました。3号機には2544体の核燃料があって、全国では18000トンの使用済み核燃料があるそうです。今年は熊本、鳥取 、福島と地震が続きます。 原発は止まっていても怖いですね。

 福島第1原発事故の収束作業にあたった作業員の男性は、白血病を労災と認定され、東電に損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こしました。これからどんどん増えていくのでは。

 今日の発言から「横浜のいじめ問題は、こんなバカな話はない。当たり前に学校にいけないとは」

「インドへの原発輸出はおかしい。安全な原発はない」「東電は事故を起こしても責任もとらず、賠償金も政府に頼る」「使用済み核燃料プールの冷却装置の停止は原発事故につながる、再稼働はとんでもないこと」「原発事故がおきても東電職員はだれも処分されていない」

 いじめのこと、冷却装置のことなど怒りの声が多かったです。

今日の空間線量は0.088~0.101マイクロシーベルトでした。 

                   2016.11.25

 

 

11月18日(金)第217回金曜日 行動

 柏駅東口はイルミネーションがつき、一段と明るくなりました。 原発なくても電気は足りています。横浜市に自主避難してきた現在中学1年生が、小学生の時いじめにあって、お金も取られたと報道されました。大人への嫌がらせなど聞いたことがあります。避難している人は8万人以上にのぼり、原発事故さえなければこんな悲しいことはおこらなかったのに。何ということでしょう。・・・・

 
 美浜原発3号機の運転延長が認められました。住居地とは500メートルしか離れていません。1976年に運転を開始し、2004年蒸気噴出事故で作業員5人が死亡、6人が重傷を負いました。1650億円かけて安全対策をするそうですが、それだけのお金をかけてもペイできるのです。1,2号機は廃止。新聞に「もんじゅの活用こそ日本の道です」という櫻井よしこの意見広告が載っていましたがご覧になりましたか?賛同者の名前も載っています。よく覚えておきましょう。
 今日はいつもの企業の組合活動があり、声を上げては30分でした。

 

 参加者の声から、「インドで原発反対運動が起きている。反対運動家が5人殺されている。インドでは命がけで非暴力で運動している。2006年アメリカは原子力協定で原発を作り、儲けている。日本も同じだ。」・「新柏で測ったら0.2マイクロシーベルトあった」「原発なくてもやっていける」といって署名してくれる人もいますが、「原発がないとだめだ」といいながら通りすぎる人もいます。でも多くの人は無関心に行き交います。しばらく前にチェルノブイリ原発事故の後、反対運動がおきたけど、そのころは子育てで忙しく何もできなかったけど、今は後悔しているという人がいました。後で後悔が起きないようにしましょう。  

 

 今日の空間線量は0.111~0.112マイクロシーベルトでした。  

2016/11/18

11月11日(金)第216回金曜日 行動

 

  今日はあの日から5年8か月目です。まだ行方不明の方もいるそうです。そして、夕方まで雨の一日でした。お昼から雨は上がるという予報でしたが。

 経団連の榊原会長は「パリ協定の承認案が衆院本会議で承認されたのを受け、安全審査を通った原発は早期に再稼働することが絶対必要だ」と言っています。再稼働が進められていきます。安全審査中の志賀原発2号機は再稼働をめざしています。さらに玄海原発は新基準に「合格」ということで、2017年以降に再稼働が見込まれています。それでいいのでしょうか?

 NHKの「廃炉への道」を見ましたか?廃炉費用が13.3兆円以上(賠償6.4兆 除染4.8兆 廃炉2兆)使われています。その7割は国民負担です。世代間を超えて引き継いでいかないといけないのです。廃炉に40年と言われ、これから危険な作業が続きますが、作業員、お金は続くのでしょうか。

 一方でベトナム原発計画が財政難などで白紙になりました。原発を輸出することはできなくなりました。よかったですね。

 今日も雨の中20人ほどが集まり、コールに替え歌、チラシ配りと行いました。寒くなってきたせいかチラシを受け取る取る人が少なってきたようです。

 発言から「使用済み核燃料がたまっていくだけ、処理方法も決まっていないのに・・・」「政府は核燃料サイクルを目指したいみたいだけど、世界は撤退している」「若い皆さんの将来を守っていきたい。みんなでがんばろう」などなど。

 福島第2原発を廃炉にという新しい署名がはじまりました。よろしく。

 今日の空間線量は0.084~0.088マイクロシーベルトでした。

                           2016/11/11

11月4日(金)第215回金曜日行動

 今日の昼間は「こんな小春日和のおだやかな日はー♫♪」と口ずさんでしまうような日で、夕方もそれほど寒くなく駅前に立っていても震えることはありませんでした。

雪のニュースもやっていましたが、7日は立冬とか。・・・

 日印原子力協定が締結しました。これでインドに原発輸出ができるようになりました。

福島原発事故後、国内では新増設が難しくなり、受注が期待できないので、新興国に進出するしか原発産業は生き残れないのです。そしてインドでは現在21基が稼働していますが、65基新設する

構想があるのです。でも、事故が起きたら賠償責任はメーカーがするという法制度があります。

 事故が起きたらメーカーだけでは保証できないので、税金も使われることでしょう。

 2010年、ベトナムに原発を輸出するということが決まりましたが、原発で出る核のゴミ、使用済み核燃料はすべて日本が引き取ることになっています。

 安倍首相はトルコを訪れ、売り込みをした結果、三菱重工業はフランス企業と連合で4基を受注しています。

 今は世界的にテロの起きる時代、テロ対策のない日本の技術で大丈夫?日本の原発ゴミはどうするとも決まらないのによそ様のものまで受け入れるの?これでも原発輸出を認めますか?

 通りがかりの人が「福島原発で警備の仕事をしていたが、除染は地表5センチの土を取るだけだから意味がない。」と話してくれました。今日はオカリナ、ギターも加わりにぎやかな替え歌、コールとなりました。

 発言から「子供の甲状腺がんエコー検査をしよう」「原発は大人の責任で今なくすのが使命と声を上げよう」

「柏崎刈羽原発のそばにいた。事故が起きたらみんな死ぬのだからいいかとも話が及んだが、そうではないと福島原発でわかった。健康被害はじわりじわり来る」

 今日の空間線量は0.103~0.111マイクロシーベルトでした。

                          2016/11/4

 

10月28日(金)第214回金曜日 行動

  今日は雨になり急に秋をこえて冬のような気候でした。昨日はあんなに暑かったのにです。皆さま体調を崩さないでください。

 

 

 

大川小学校の判決がでました。教員の過失ということで、大人は子どもの命を守る責任があると認められました。しかし、市と県は不服として控訴する予定です。この裁判に参加しなかった遺族の方々、そして、亡くなった教員の家族の方々確執がないといいですが。大人の責任は津波だけでなく、原発事故後の現在にも当てはまることではないでしょうか。子どもの甲状腺がんが多発しているのに、放射線の影響は認められないという医者や政治家たち、それをそのまま報道するメィデア、無関心な大人たち。子どもの命を守っているといえるのでしょうか。

 

台湾は原発を全廃すると決めました。福島原発事故を教訓に脱原発に進む国と被害を受けながら再稼働に進む国、何が違うのでしょうか。そして、国連の「核兵器禁止条約」で日本は米国に追従して反対を示しました。被爆国で原発事故が起きた国なのにです。

 

今日の発言より「雨が降っても 風が吹いても やめないよ。今日は214回目」「柏市も東電をやめて他の電力にした」「みんなでやっぺ と今年も国道6号の清掃ボランティアがあった。高校生が

マスクもしないでやっていた」「原発は国産エネルギーといっているが、ウランは外国から来る」

 「福島で避難解除が進んでいるが、住宅支援が打ち切られてしまう。避難している人は各地に散らばっているので反対の力になりにくい。みんなで応援しよう」

 「もんじゅが廃炉というけど、フランスの高速炉に参加するのはおかしい」

などなど雨の中コールに替え歌と声をあげました。

 

今日の空間線量は0.077-0.95マイクロシーベルトでした。

                   2016/10/28

 

 

 

10月21日(金)第213回金曜日行動

 柿の実が色づいてきましたが、今週は夏と秋が行ったり来たりで、体調を崩した方はいらっしゃいませんか?

さて、新潟県知事選で泉田知事の路線をつぐ、米山氏が当選しました。柏崎刈羽原発に不安を持っている新潟県民が多かった結果です。柏崎刈羽原発は7つの原子炉を持つ、世界で最大の原発です。

世界で一番ウランを買ってくれる原発が動かないので、日本だけではなく世界の原子力村が影響を受けています。このままだまっちゃいないんだろうな。こんな川柳が新聞にありました。「さあどんな新潟いじめをするやら」新潟県、鹿児島県を応援していきましょう。

 一方、飯館村長選は現職の菅野氏が6選しました。避難解除を支持しています。関西電力の課長が過労で自殺しました。高浜原発再稼働審査対応をしていて長時間残業をしていたそうです。社員の命を守らない会社って、地域住民の命も守るかしら?

志賀原発2号機で9月26日に雨水が流水して、非常用照明の電源が漏電していました。北陸電力は、志賀原発の近くに川がないため洪水対策は不要とされていたそうです。

今日の発言から「午後に鳥取地震が起きたが、熊本地震もあり、この頃このあたりも地震が多いけど、原発は大丈夫か」「東電の株が下がっている。日本のエネルギーは原発ではない」

「福島原発事故の国民負担は電気料金や税金で14兆円を超えている。さらに16兆円以上の負担が予想されるという。原発は安いという嘘にいつまでもだまされないで」

今日はギターにオカリナの方が休みだったので、アカペラでの替え歌となりました。

そして、署名にカンパとご協力ありがとございました。

今日の空間線量は0.088-0.098マイクロシーベルトでした。

                                                2016.10.21

 

10月14日(金)第212回金曜日行動

 

  夕方の東の空にはまあるい月が、西の空は夕焼けと秋の夕暮れの美しい日でした。

 

 新潟県知事選が16日投票日です。脱原発の知事の誕生を祈ります。また、飯館村長選も16日が投票日です。現職の菅野氏は、(避難指示解除を推進)と新人の佐藤氏(解除に反対)の二人です。 さらに葛尾村長選も23日が投票日です。ともに新人2人が立候補予定です。

さて、開票結果はどうなるでしょう。注目していきましょう。

 今夜はギターにオカリナでボブ・ディランの歌から、替え歌「この狭い日本中の 原発をひとつ残らず なくしていこう」(この広い野原いっぱい)コールとにぎやかでした。

 

 発言から、「自分のこととして、原発をなくしましょう」「原発なくたって日本の電気は大丈夫。今関東地方は原発の電気を使っていない」

「原発のほうがコストは安いというのはうそというのが証明された。事故が起きるとお金がかかる」

「廃炉にはお金がかかる。このままでは廃炉費用を国民が負担することになる」などなど、日ごろの思いをアピールしました。

 

 家庭で一番電力を消費するのは、冷蔵庫、照明、テレビだそうです。こまめにスイッチをきり、上手に節電しましょう。

 

今日の空間線量は、0.094-0.109マイクロシーベルトでした。

                                                  

                                                  2016.10.14.

 

 

 

10月7日(金)第211回金曜日行動

 今日は秋らしい日になりました。やはりお日様はいいですね。

 

"柏そごう"は玄関と時計のところは電気がついていました。先週の人だかりはなく寂しくなりました。

 石坂浩二の電気事業連合のCM見たことありますか?「電力の安定供給のためには、安全の確保を前提に原子力、火力再生可能エネルギーによるエネルギーミックスが必要となります」と原子力を力強く推進しています。物知りのあの人がいうなら、やっぱり原発は必要と思ってしまう人もいるのではないでしょうか?

 

 2030年の電源構成は20-22%を原発でまかなうといっているのです。そのためには再稼働をして、40年越えの原発も再稼働させるのでしょう。

 原子力規制委員会は美浜原発3号機の再稼働させると、正式決定をしました。福島原発事故がなかったかのように。事故検証もされないで、高濃度放射線廃棄物はたまっていくだけなのに。そのしりぬぐいは誰がするのでしょうか。子孫からは「1億総無責任時代」と批判されそうです。

 電気事業連合会は、福島原発事故の損害賠償・除染費用の超越分を国費で負担するように政府に求めているそうですが、高いCM代はどこからでているのでしょう。

 前半はいつもの労働組合の宣伝活動がありましたので、声を出してのアピールは30分ほどになりました。発言からは「もんじゅのこと」、「美浜原発3号機の再稼働について」などありました。「安心、安全、平和な暮らしをするためには原発はいらない」

「電気は足りている。もう一度原発は必要かどうか検証すべき」ギター、ハーモニカ、オカリナでにぎやかに終わりました。

 

 今日の空間線量は0.111~0.113マイクロシーベルトでした。

 夕方からは涼しいです。参加される方はこれからの時期、羽織るものがあるといいですね。くれぐれも風邪などひかぬように。

 

                                                 2016.10.7.

 

 

9月30日(金)第210回金曜日行動

 

 いよいよ9月も終わりです。そして、柏そごうも閉店となります。

夕方の東口は惜しむ人達でいっぱいでした。そのせいか署名、カンパ、チラシを受け取ってくださる人も多かったです。

 通りがかりの高校生3人組もチラシ配りに参加してくれました。

できるときにできることをする行動が、この運動を支えています。どうぞ気軽に参加してください。

 今は都内に住むが、以前柏に住んでいたので懐かしくて、そごうに来たというご婦人は、「40年前に駅前で反原発の署名をしていたが、その頃は子育て中で、ぴんとこなかったが、今になると後悔している」と話され、署名にカンパ、差し入れまでしてくださいました。本当にそうですよね。チェルノブイリ原発事故の時、原発の講演会が盛んでした。たしか原発は34基だったかな。もっと真剣に反対していればと思います。

 汚染水問題は毎日自転車操業のように、たまってはくみ取るというようなていたらくなのに豊洲市場ほど報道されません。東電発表によると、原子炉建屋の下には約6万8千トンの汚染水がたまっているそうです。さらに凍土壁の効果の検証もできていません。

 日本の原発メーカー3社、日立、東芝、三菱重工は核燃料の製造事業を統合する調整を始めたそうです。再稼働が進まず、核燃料の受注が減っているためです。

 伊方原発の差し止め提訴は、松山、広島、大分と3件になりました。それぞれの判決に注目していきましょう。

 安孫子市産のタケノコの出荷制限が解除されました。これで千葉県内に出ていた制限自粛はすべて解除ということです。

 もう夕方6時ともなると暗くなってきました。半袖では寒いです。暖かい恰好でご参加を。

ハーモニカ、オカリナ、ギターに、ワンちゃん(トイプードル)の参加もありました。

今日の空間線量は0.081-0.091マイクロシーベルトでした。

2016.9.30.

9月23日(金)第209回    金曜日行動

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 雨が続きますね。自然災害も多いです。いつまでも大量消費の生活をしていてはこの異常気象は止まりません。もうここで生活を変えましょう。リニアなんてとんでもない。原発もいらない。

 

 柏そごうが今月で閉店となります。柏で43年とか。短いですね。だって東京電力は300-400年つぶれないで、放射性廃棄物のごみを管理するといいます。よっぽど経営能力のある人たちが引き継いでいくのでしょう。その後は日本政府が10万年もの間管理するといいますから、もう夢物語としか言いようがないです。 それにしても、我々世代はとんでもないものを子孫に押し付けていくのです。

 そして、あらたに政府は、福島第一原発の廃炉や賠償費用などを消費者に負担させる案を検討し始めました。新電力に切り替えた人からも負担を強いる案があるそうです。

「すべての人から公平に費用を回収する必要がある」(経産省)

 これってもう税金ですよね。いっそう「廃炉税」とか「東電を守ろうゼイ」と名称を付けたほうがすっきりします。

 

 参加者の声から「22日のデモに参加した。雨の中9500人が代々木に集まった。雨でデモは中止だったが、鎌田慧がもんじゅの廃炉が決まったが、高速炉研究はつづけるとはとんでもない。福島から避難した人たちは全国に散らばっているので、声を上げにくいから、みんなで声を上げていこう。と話していた」

 

 「最近は無関心な人が多い。ホットスポットといわれたときは原発のことなど話に上ったが、もう忘れている」

 

 「台風で汚染水が海に流れ出ている映像がツィッターで流れてきたが、海はどのくらい汚されているのだろう。魚は大丈夫?」

 

 用意したチラシも早々になくなるのは、チラシ配りが上手になったのか、関心があるひとが多いのかどうでしょうか。

 多数のカンパもいただきありがとうございます。チラシ印刷代などに使わせていただきます。雨の中オカリナ、ハーモニカがひびき、民謡 替え歌 コールもにぎやかでした。

 

 今日の空間線量は0.095-0.104マイクロシ-ベルトでした。

                                               2016.9.23.

 

 

9月22日 さよなら原発 さよなら戦争大集会

9月16日(金)第208回   金曜日 行動

 秋の長雨が続きますが、いつもながら金曜日の夕方の天気は気になります。

幸い今日は雨も上がりました。今夜は雲をすかしてきれいな月が見えます。

明日は満月とか。

 政府はもんじゅの方向性をとりまとめる方針を示し、廃炉も検討のひとつに入りましたが、文科省は存続にこだわっているようです。何かメンツがあるようです。

 もんじゅは今までに事故や点検もれなどさまざまな問題があります。そもそももんじゅは日立 東芝 三菱 富士電機などの寄せ集めメーカーで造ったもので、それぞれの会社の設計基準が違っていました。0.5ミリ切り捨ての日立 富士電機、切り上げの東芝 三菱、わずか0.5ミリでも何百か所もあれば違いは大きくなります。

 その上動燃事体が電力会社からの出向でできた、寄せ集めともいわれています。

 6時を過ぎると暗くなり、署名もしにくくなりますが、署名に立ち寄ってくださった方々が、話に花が咲き見知らぬ同士で井戸端会議となりました。普段このような話が会話しにくいのではないのかと思われます。

 参加者の声

「停電はいいが、原発はだめ。団塊の世代の次ががんばらないと。父はシベリアで5年間抑留し、仲間達は死んでいった。そういった話も次の世代に伝えていかなくては。当事者たちが少なくなっているのだから」

 

「福島原発1号機の建屋カバーがはずされて、14日に空間線量が高くなった。福島はあまり変わらないが、

 東京 千葉 神奈川などは上がっている。帰還を促しているが、大丈夫だろうか 低線量被ばくも気になる」

 22日(木)は「さよなら原発 さよなら戦争」大集会が代々木公園であります。みなさんで一緒に参加しましよう。

 当日12時半 柏駅東口みどりの窓口に集合。 

 

今日の空間線量は0.094-0.110マイクロシーベルトでした。
                     2016.9.16

 

9月9日(金)第207回    金曜日 行動

 

 

9月になっても蒸し暑い日々が続きますね。台風が次々に来て、各地に大きな被害が出て、心配です。秋雨前線という言葉も聞かれるようになりましたから、暑さももう少しの辛抱でしょうか!?

 

今週5日、鹿児島県知事の川内原発即時停止要請に、九州電力は応じない、と回答しました。熊本地震を受けて、原発の一時停止と再点検を求める事を公約にして当選した、県民代表(知事)の要請を押しのけて進む原発とは、一体誰のものなのでしょう? 福島原発事故のように、もし事故が起きれば真っ先に深刻な被害を受けるのは地元なのに。地元の知事に「原発を停止させる権限がない」というのも、全く不可解なことですね。今も続く余震の中で、知事は7日、九電に一時停止を再要請しました。九電は、県民の声に真摯に向き合い、一時停止に応じるべきです。

新潟県の泉田知事が、8月末に突如、929日に告示される新潟県知事選への立候補を撤回しました。‘どうして? 何があったの?’。泉田知事は原発の再稼働に「待った」をかける、我々にとって期待の人、これからも柏崎刈場原発の再稼働に抵抗してもらいたい、と思っていたのに。でもやはり、なんでしょうね。東電や原発推進派にとって、泉田知事は、何としても辞めさせたい男だったのでしょうから。自民党の再稼働積極派と県政界の反泉田勢力と地元の反泉田の大メディア「新潟日報」に包囲されて出馬撤回に追い込まれたようです。特に新潟日報には、7月以降、連日、反泉田記事が大々的に掲載され、知事の反論は掲載を拒否され、家族に危害が及ぶのを心配する程になった、との事。我々は、このような‘敵’の正体をしっかり見据えて、腰をすえて反原発運動を展開していかなければなりませんね。そうそう‘敵’の思い通りにはさせないぞ!

福島原発事故により避難指示の出た地域で、次々に避難指示が解除されています。831日の政府発表では、帰還困難地域もゆくゆくは、避難指示が解除されるとの事です。5年半も経ったのに、いまだに故郷に戻れず不便な生活を強いられている9万人余りの方々の事を思うと、良かったと思います。でも、本当に良かったのか? 本当に安全になったのか? 安全であるような形を作りたいためではないのか? 4年後に「アンダーコントロールされているかのような福島を見せたい」からではないのか? 人々の健康や命よりも復興経費の節減のためではないのか? 単純に喜べないのが残念です。

福島原発事故後の作業で被曝し白血病になった男性を、819日、厚労省は労災と認めました。労災と認めたのは、2人目です。他に労災を申請している人は10名、今後まだまだ増える予想です。子供たちの甲状腺ガンの増加と共に、いよいよ目に見える姿になった原発の脅威です。注視し続けましょう!

4月から電力の小売り自由化が始まりました。あなたのお宅では、どこの電気にしましたか? せめて、原発の東京電力はやめましょう! 7月末迄で、東電から切り替えた件数は、87200件だそうです。この数をどんどん増やし、原発に依存しない社会を作りましょう!

 

蒸し暑い今日、207回目の行動でしたが、多くの方に署名をしていただきました。チラシを配っていたら、‘頑張って下さい’と声を掛けられました。とても嬉しい一瞬です。‘まだまだ頑張るぞ’と勇気が湧きました。本日の参加者は約20名、久し振りの方もいました。

 

今日の空間線量はWデッキの机の上で、0.0980.121マイクロシーベルトでした。

 

9月2日(金)第206回金曜日  行動

 

  昼間は暑いけれど、朝夕はすっかり涼しい風が吹くようになりました。

台風10号の豪雨は東北、北海道で深い爪痕を残していますが、福島第一原発でも地下水が急上昇して、凍土壁が役に立っていないことがわかってしまいました。

 

 凍土壁とは国費約345億円を投入して、建屋の周り1.5キロを長さ30メートルのパイプを1568本打ち込んで、その中を凍らせようというもので、電気代も年間数十億円ともいわれています。それが役に立たないとなったら、次の手はあるのでしょうか。

 

 

 野田市は子どもの甲状腺エコー検査に助成を始めます。検査費用7560円のうち4500円を助成します。一方、流山市は請願が出ていてましたが、1票差で否決されました。子どもの健康、未来に格差があっていいのでしょうか。

 

 

 今日の発言から

「福島に行ってきた。飯館の村役場はやっているけれど、草むらは線量が高い。福島の人たちと交流があった。(日本はいつ20マイクロシーベルトを受け入れたのかと、ドイツ人に聞かれた。俺たちは村八分だから・・・)本音?飯館、楢葉などから70-80人来てくれた」

 

「新潟の泉田知事は再稼働反対を一貫して反対している。今回こんな事件が起きているが、しっかり見聞分けていかなければいけない」

 

「夏休みで、水辺で遊びたいのに大堀川は線量が高くて近寄れない。原発はなくても電気は足りているということがわかったのに、再稼働とは誰のためのものか」

 

「高濃度放射性廃棄物は地震や火山の影響のないところで、地下70メートルより深いところに埋め、東電が300-400年管理し、その後10万年間は国が管理するという。まったく夢物語で、責任感もない」

 

 今日もギターに、ハーモニカ、替え歌、コール、チラシ配りなど参加者は自分のできることをやっています。

 

もちろん立っているだけでも大丈夫。6時半ごろになると、署名コーナーあたりも暗くなってきます。

 

今日の空間線量は0.110-0.115マイクロシーベルトでした。 

                                                               2016.9.2

 

 

8月26日(金)第205回金曜日  行動

 台風9号の雨もすごかったですが、また次の台風が関東地方上陸とか。農作物に被害がないといいですね。もうすぐ新米の季節です。

 

 今日は結成4周年となりました。本当に継続は力なりです。雨の日、風の日色々ありますが、金曜日の夕方1時間を生活の中に組み込んでいる方もたくさんいます。

 そこまでいかなくても気の向くときに参加もありですので、気軽に参加してください。

 

参加者の声から「鹿児島の三反園知事が九州電力に対して、川内原発を一時停止して再点検するよう申し入れたが、それは声を上げている人を励ましている。2年ほど怪我をしていたので、休んでいたが4周年なので参加した」

「原発は必要ないということがはっきりしたが、今の政治は国民のためにない。エネルギー政策を原発に

頼ろうとしているが、事故が起きたらどうするのか。金曜行動をやっていくしかない」「毎回はこれないが、できるときに参加している。駅前で声を出していると、通行している人は原発のこと

を気にするだろう。チラシを配ることはいいことだ。捨てる人もいるだろうが、家に帰って読む人もいるだろう」

「北柏台に住んでいるが、ベランダの排水溝を測ったら、0.28マイクロシーベルトあった。これからだんだん声を上げにくくなる」

「 フランスの原発で原子炉などの鋼材に強度不足が発覚した。日本のメーカーも製造しているそうです。

原子力規制委員会は国内の電力会社に調査を求めた。さてどんな結果がでるか」

 

 今日は用意したチラシが早々になくなり、署名してくださった人に渡せないほどでした。次回はもう9月です。

夕暮れが少しずつ早くなってきました。気持ちの良い季節になります、ご参加を。

 

今日の空間線量は0.107~0.124マイクロシーベルトでした。

                                                           2016.8.26.

 

 

8月19日(金)第204回金曜日  行動

 夕暮れが早くなってきました。近所のお寺で萩とススキが咲いていましたよ。

季節はゆっくり秋にむかっています。昨晩が満月でした。

 

 安保保障関連法に反対する若者グループ「SEALDs」シールズが解散しました。

若者よ、この経験をもとに各自の道を歩み、政治についても考えていってください。

 さて、東葛連合は結成から、次週で4周年を迎えます。こちらはシニア世代のため(たまに若者も参加あり)「さよなら原発」の時が来るまで続けます。

 

 手賀沼トライアスロンが21日に開催されます。えっ?手賀沼を泳ぐの?大丈夫でしょうか。放射能は。2013年2月に千葉県は、手賀沼の泥や砂から最大1万5300ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表しています。河口は放射能が高いといわれます。泥をかき混ぜないようにするのでしょうか。

 

 北朝鮮がプルトニウムの再処理を再開したと、韓国が報道しています。核兵器廃絶にむけて、世界が一つになることは難しいのでしょうか。同じ核である原発から脱却することも。でもドイツは福島第一原発事故から教訓を得たのですから、できないはずはないのですが。

 

伊方原発が再稼働しましたが、いままで電気はたりていたのですから、どこに行くの電気は。

福島第一原発で使う電気は、地産地消というわけにはいかず、東北電力からきます。電気代は年間に10億円以上とか。

 チェルノブイリ事故の時、「日本ではあのような事故は絶対起こらない」といっていたが、福島原発事故でこの約束は破られたのに「あのような事故は絶対起こらないといってきたことが間違いだ」と開き直っています。

 

 今日は前半いつもの企業の組合活動があったので、後半30分間声を出してのアピールでした。

次回は4周年記念日です。どうぞお集まりください。

今日の空間線量は0.101-0.115マイクロシーベルトでした。

                                                         2016.8.19.

 

 

8月12日(金)第203回金曜日  行動

   まだ暑いですが、暑さが少し変わってきたような気がします。やはり暦の上でも立秋を過ぎたせいでしょうか。

 

 

 伊方原発3号機が今日再稼働しました。ここの燃料はプルトニウム・ウランの混合酸化物(mox)燃料を含むプルサーマル発電です。3号機は5年4か月ぶりに再稼働します。7月に再稼働予定でしたが、1次冷却水ポンプから純水が漏れるトラブルがあり延期していました。そばには中央構造線断層帯があるし、不十分な避難計画などなど問題はたくさんあるのに。再稼働ですか。四国電力さん、世間はお盆休みというのに貴社はお盆休みもないの?

 

まさかブラック企業?

 

 今日の行動は伊方原発再稼働もあったせいか、いつもより多く30名ほどが集まりコールも

元気なものになりました。用意したチラシも早々なくなり、多数の署名も集まりました。

 

なお 書いていただいた署名は署名先に送っています。

 

 

 参加者の声です。

「今夜は上弦の月が美しいです。来週は満月かな。この美しい空を残したい。再稼働の報道ニュースが淡々としていた」「原発のこと訴えていかないといけない。若い人の反応が

悪い、今30代だけど耳を傾ける人は少ない」「選挙で反原発で一致しなかったのは残念」

 

「NHKの世論調査で再稼働反対が46%いる。だからこういう金曜行動も意義がある」

 

「4月から電力自由化が始まってすぐに変えた。7月までに東京電力内では約87万件の契約切り替えがあって、

 

全国では147万件になるという。関東エリアでは東京ガスが40万件で、大阪ガスは17万件」

 

「毎回同じ場所でチラシを配るが、チラシを受け取るのは男子学生が多い」

 

まだまだ暑さ続きます。御自愛ください。

 

 

 今日の空間線量は0.109-0.121マイクロシーベルトでした。

                                                2016.8.12.

 

8月5日(金)第202回金曜日 行動

 8月に入って暑い日が続きますが、今日も20名ほどが集まって金曜行動をしました。

夕方7時ともなると薄暗くなって、帰るころには西の空に細い三日月が出ていました。

今日は署名をしてくださる方が多く、「原発を作っていたが、原発はまだ未熟だ。もっといいものがあればそのほうがいい」という年配の方。机の上の線量計を見て、「えっ?放射能が出ているの。

マスクしなければ」とカバンからマスクをだして、「マスク配ったほうがいいんじゃないの」という若いママさん。などなど、話しがはずみました。

 

 リオオリンピックが開幕となりますが、6日は広島、9日は長崎に原爆が落とされた日です。原爆も原発も同じ核分裂です。核の平和利用はありません。

 

 7月19日に開かれた原子力規制委員会の有識者会議で、「凍土壁の建設は失敗だった。完全遮蔽は無理」と認めました。こんな重大ニュースですが、扱いは小さいかほとんどなかったです。東京オリンピック招致の時、安倍首相は「フクシマはアンダーコントロールされている。東京の安全は私が保証する」といって成功させたのですから、さて、世界に約束したのにどうしますか?

 

 原子力規制委員会は、美浜原発3号機が40年を超える運転を目指す新基準に適合したと認めました。6月に運転延長が認められた、高浜原発1,2号機に続き2例目となります。美浜原発の安全対策費は1650億円かかるといい、工事に時間がかかり、再稼働は早くても2020年以降となり、運転期間は16年ほどといいます。お金と時間をかけて再稼働する意味はなんでしょうか。

 再稼働の前に福島第一原発の廃炉工程をどうするか、汚染水はどうするか、高濃度放射性廃棄物をどうするか、避難している人たちのことなど問題は山積していると思いますが。

 

「もんじゅ」は点検放置という中、馳文部科学相は「もんじゅは廃炉という選択肢はない」と先月話していたのにもう大臣が変わってしまいました。

 

今日の空間線量は0.101-0.115マイクロシーベルト。  .

 

  次回12日ですが、行動は休みません。ご参加ください。

                                                           2016.8.5

 

 

7月29日(金)第201回金曜日 行動

 梅雨が明けました。暑いですね。今日は201回目です。「粛々」と金曜行動は

続いていきます。さて、横断幕が新しくなりました。気持ちも新たに「さよなら原発 まもろうみんなの命」というスローガンになりました。協力して下さった方々、カンパをして下さった皆様ありがとうございます。

 引き続きカンパはよろしくお願いします。チラシの印刷代や消耗品にあてます。

 

 伊方原発3号機は、26日に再稼働が予定されていましたが、冷却システムの故障のため延期されました。

ここには「伊方原発をとめる」という会があり活動をしています。

 先日、NNNドキュメントで「避難計画で原発止めました」という番組がありました。アメリカのニューヨーク州にショアハム原発が建設されましたが、まだ稼働していない段階で「ショアハム原発より先に住む人の命が守れない」ということで廃炉になりました。ここも伊方原発と同じようなロングアイランドで、岬に原発があります。

 しかし、日本ではどうでしょうか。伊方原発の沖には活断層があります。もし地震、津波が起こればどう避難すれいいのでしょうか。船は動くか、道路は寸断されないか、住民の命は守られるのでしょうか?

 

 中部電力は浜岡原発の地元に「協力金」として、総額30億円を渡したということです。その時の地元組織会長の鴨川さんのメモにありました。記録するということは大切なことですね。

 

 原子力規制委員会は、福島第一原発の建屋などの地下にたまっている高濃度汚染水を減らす対策を検討するように東電に指示しました。1-4号機の建屋とタービン建屋の地下には溶けた核燃料を冷却した水や地下水が約6万トンたまっているそうです。そして放射性セシウム1Lあたり、数十万ー数千万ベクレルの濃度だそうです。再び地震が津波が起きたら海に流れ出ます。はあーとためいきですね。

 

 きょうはピンクのうさぎさんも登場して手を振りました。やはり人気者です。オカリナ、ギターに替え歌。

「伊方原発再稼働反対」「伊方原発は避難計画も不十分なのに再稼働とは、命を考えていない」「東電は避難者への賠償総額が6兆円を超えた。これから廃炉作業が続く。いづれ日本中の原発が廃炉になるが、技術やお金はどうなるのか」参加者のみなさんの発言です。

 

 今日の空間線量は0.108-0.118マイクロシーベルトでした。

                  2016.7.29.

 

 

 

7月22日(金)第200回金曜日 行動

 柏駅前で「原発をなくしましょう。」と声をあげ続け今日で200回を迎えてしまいました。

 未来の社会を考えた時、福島の苦しみを受け止めた時、そして私達が住んでいる東葛の地でもいまだにホットスポットがみつかったりするとき、思うのです。原子力でお湯を沸かして電気を作らなくても他に安全な電気の作りようがあるはずだと。

 遠く川崎からトランペッターの松平晃さんが応援に駆けつけてくださいました。福島への想いを込めて「花は咲く」や”最後まで表現の自由を守らねば”と言っていた永六輔に連帯して「上を向いて歩こう」「星に願いを」「明日があるさ」などの楽曲を演奏

柏駅前に高らかに鳴り響きました。

 いつものギターやオカリナそしてハーモニカも加わって注目度バツグン!!。

 署名に駆け寄ってくださる人がいつもより多かったです。

 

 用意したチラシもすべて受け取ってもらえました。カンパをおよせくださった方々、ありがとうくださいました。

 

 千葉市では指定廃棄物が8000ベクレル/kgを下回ったので指定解除を環境省が決めたとか。・・・

下回っただけでまだ含まれているはずですが。どう処理するのでしょう。?

 31日の東京都知事選、東京都は東京電力の大株主です。原発反対を表明表明している鳥越さんに是非とも頑張ってもらいたいものです。

 

 政治は私達の生活と切っても切れない関係です。是非テレビや大手マスコミが伝えないから分からないではなく、知る努力をしていこうではありませんか。??

 

 今日の空間線量は、0.09~0.11マイクロシーベルトでした。

                   2016/07/22  

7月15日(金)第199回金曜日 行動

 今日の午前中の雨はすごかったですね。福島第一原発の汚染水はどうなっているのでしょう。

 

凍土壁は役立っているのでしょうか?

 

 

 さて、選挙結果がでました。皆さまどう考えましたか?

 

福島、沖縄では現職閣僚が落選し、鹿児島県知事は新顔の三反園氏が当選しました。公約に「原発のない社会を作ろう」とあります。これから実行していってもらいたいものです。

  自公で半数以上を取った安倍政権は「道半ばの」アベノミクスに加速がつき、再稼働にもはずみがつきます。

 早くもリニアは大阪延伸し、前線開通を8年前倒しと発言しています。リニアには数々の問題点があります。土地の買収問題を少なくするために、地下40メートル以下を掘ります。

 品川ー名古屋間は86%がトンネルです。事前に活断層の調査はされないので、やってみないとわかりません。

 さらにトンネルにより地下水が分断され地下水の流れが変わる危険があります。また、 深いところにある駅に移動するためには20分かかり、発着と到着で40分かかるので時間的にはメリットはないといえます。さらに消費電力です。東京ー大阪間の平均消費電力は約74万KWです。これは原発1基分の電力で新幹線の3倍の電力を消費します。そして、もしも事故が起きたとき、乗客1000人に対し乗務員は3名です。これで避難誘導ができるでしょうか?(自動運転のため運転手はいません)

 電磁波の問題等もあります。それでもリニアは必要でしょうか?

 

 

 前半は企業の活動PRがあり、声をあげての行動は30分ほどでしたが、替え歌にコールとギターにオカリナ、となりでジャンべも応援もあました。発言より「電気は足りているのになぜ再稼働なのか?」「デンマークに行った。デンマークは原発が4基あったが、チェルノブイリ事故以前にやめている。日本はどうだろう。

 事故が起きても5年過ぎると再稼働である」

 

 

 次回は200回です。どうぞ皆さまお集まりください。

 

 今日の空間線量は、0.086-0.115マイクロシーベルトでした。

                                                                                                                                   2016.7.15.

                                                                                      

7月8日(金)第198回金曜日 行動

 暑くなりましたね。今日は雨のない金曜行動になりました。この辺りでは、地面がカラカラで少し雨が欲しいところです。

 昨日は七夕でした。タケノコからセシウムがでているとすれば、竹からもセシウムが・・・。そして、最後には燃やされるのでしょうか。「まわる まわるよ セシウムー」

 

 原子力規制委員会の有識者委員会は「もんじゅ」の建屋の下にある断層は、活断層ではないと結論付けました。

 

 6月6日現在、福島県民調査報告によると小児甲状腺がんおよび疑いのある子どもたちは、前回の163人から6人増えて、合計169人になりました。手術を終えた132人の中で、良性結節は1人で、130人が乳頭がん、1人が低分化がんでした。つまり、「悪性ないし悪性の疑い」のうち99%は小児がんでした。「疑い」という言葉でごまかされたり、安心するのは危険です。

 

 しかし健康被害は子供だけではありません。南相馬市立総合病院の及川友好副医院長は、「原発事故後2年で、65歳以上で1.4倍 35-64歳の壮年層で3.4倍の脳卒中の劇的増加がみられる」と、衆議院特別委員会で発言しています。

 

 今日の発言より「10日は選挙です。脱原発をかかげる人にいれて、再稼働の流れを止めよう」

「原発が嫌なら東電止めよう。手続きは電話で新しいところにするだけ」「白井の学校でホットスポットが見つかった。まだほかにあるかも」

 今日も替え歌にコール、ギターにオカリナ、隣ではアフリカのジャンべも応援してくれました。

用意したチラシが早々になるなりました。次回は選挙結果も出ていることでしょう。

今日の空間線量は机の上で0.081-0.102マイクロシーベルト。wデッキの上は0.098-0.123でした。

 

 

「選挙に行こうよ、みんなで行こうよ」  

                                                       2016.7.8.

 

7月1日(金)第197回金曜日 行動

 今日から7月です。午後からは晴れて蒸し暑くなりました。皆さん熱中症には気を付けましょう。

今日はいつもの場所は音楽をやっていたので、反対側で行いました。ここは通行が多いせいか署名やカンパに参加

してくださる人が多く、チラシの受け取りも早かったようです。

 

 ETV特集で「飯館村5年」という番組がありました。飯館村では事故当時毎時30マイクロシーベルトだったのに、

安全と言われ、全村避難したのは1か月後だったそうです。そして、来年帰還ということになりました。

帰るか帰らないか決断しなければいけません。帰還しても今まで通りの生活がすぐにできるわけではありません。

土ははぎとられ、そこで農産物はできるのでしょうか。その農産物を買う人はいるのでしょうか。東電の補償が打ち切りとなれば当面の生活はどうすればいいのでしょうか?「これほどの犠牲をだして、人間は何を学ぶのだろう」と菅野さんは語っています。

 

 千葉市は保管する7.7トンの指定廃棄物の指定解除の手続きを申請しました。事故から5年で1キロ当たり8000ベクレル以下に下がったということです。廃棄物は12都県で17万トンあります。

 

 原子力規制委員会は全国の原子力施設で行われた、安全上重要な電気ケーブルの敷設状況の調査結果を発表。

4原発(柏崎苅羽、福島第二、女川、浜岡)で計1973件のケーブル違反が見つかりました。

 

 現在署名は「40年超の老築原発 高浜1,2号機 美浜3号機は廃炉」「さよなら原発1千万人」「柏崎刈羽原発の再稼働反対」をしています。夕方の忙しい時間にもかかわらず、若い方から、フランスから来たという方、ご年配の方まで 「原発はあぶない」「がんばって」などと話されて署名していきます。

署名のそばに線量計がありますが、「今日は低いですよ」と話すと驚いて見ていかれます。

 

替え歌やコールにはギターにアフリカのジャンべも加わりにぎやかに行われました。

さて、今月22日は200回となります。そしてその前に選挙があります。さよなら原発という「新しい判断」を選択しましょう。

 

今日の空間線量は 0.088-0.097マイクロシーベルトでした。

                     2016.7.1.