6月24日(金)第196回金曜日行動

 今日はあいにくの雨でしたが、「雨にもマケズ」22-3名の参加がありました。

 

イギリスが国民投票でEUから離脱しました。キャメロン首相の提案は受け入れらなかったのです。そして、日本でも7月10日に参議院選挙です。

脱原発を掲げる人を選べば、世の中はかわっていきます。選挙に行こう。

 

福島県の葛尾村の避難指示が12日に解除されました。飯館村は2017年3月に帰還を目指しています。そして、学校は18年4月に再開を予定しています。

飯館村蕨平では、環境省の主導で仮設償却施設(総工費400億)が完成し、除染で出た落ち葉や枯れ木を燃やしています。1日当たり240トン 年中無休です。燃やせば放射性物質を含んだ微粒子が再び放出されます。環境省はフィルターで、99.9%除去されると発表していますが、ちくりん舎の青木氏は実際には6-7割しか除去できないと分析しています。

 その上その隣には「仮設資材化施設」が出来ました。ここでは燃やすことのできない汚染土壌などをセメントなどの資材に再利用するための実験をしています。おりしも環境省は8000Bq/Kgに下がったものは、再利用できるとしました。

 事故前は100Bq/Kg以上は放射線廃棄物としてドラム缶で保管していたものが、事故後は8000に引き上げられたのです。

オリンピックを前に原発事故はなかったことにされようとしています。

 

その上40年を超えた高浜原発1,2号機の延長を原子力規制委員会は認可しました。福島原発事故の教訓は消えてゆきます。

さらに東電は官邸からの指示で「炉心溶融を使うな」と社内に指示していたといいます。「第3者」ってどんな立場で検証しているのでしょう。

 

伊方原発3号機は、原子炉の燃料棒を入れる作業を始めました。順調にいけば7月26日に再稼働します。ここはMOX燃料を含みます。もし事故が起きれば、避難は福島より過酷です。熊本地震では、地震により、地面が割れ、橋が落ち交通が遮断され、新幹線も止まりました。伊方原発のそばには中央構造線断層帯があります。伊方原発がある佐多岬半島は国道197号線しかありません。

そして土砂災害危険個所が多数あります。

 船で避難といっても、津波や気象状況があります。万が一原発事故を伴う複合災害になった場合、逃げられない住民がでます。

 

今日はいつも参加しているピンクのウサギさんがお休みのため、代理人が参加しました。「酒井根の下田 (しもだ)のうさぎです。

まだ名前はありません。いい名前をつけてください。ウサギファンの小さなこどもたちに甲状腺がんや疑いがあるといいます。

被害をふやさない予防対策に取り組んでください」

「選挙に行って 原発を止めよう 墳震列島逃げ場なし」「人権と平和を尊重する 政権をつくろう」手作りプラカードをもって

参加の方もいます。自分でできることをしてアピールしましょう。

 

 

今日の空間線量は0.094-0.110マイクロシーベルトでした。 次回は7月です。

 

 

                                                      2016.6.24.

6月17日(金)第195回金曜日行動

 

  今週も金曜日は梅雨の晴れ間となり、暑い一日でした。ダムは水不足だそうです。そちらにたくさん降ってくださいよ。

 さて今週も舛添元都知事一色でした。そんな中、原発を推進する政府の意見広告がチラチラ見られるようになってきました。「2030年度の電源構成は原子力20-22%、天然ガス27%、石炭26%、再生可能なエネルギー22-24%、電力の安定供給のために原子力、火力再生可能エネルギーによるミックスエネルギーが必要」と。あれ?福島第一原発事故のこと忘れてしまったのでしょうか。

 

 日印原子力協定によると、インドは米国のWH社と原子炉6基を建設することで合意したそうです。WH社は東芝の傘下で原子炉は日本製部品が使われるそうです。 日本全体が原発事故のこと忘れていくようです。でも忘れないで、まだ避難している人がいること、子どもに甲状腺がんが出ていること。凍土壁は凍らないこと。汚染水は流れていること。などなど、

 

 7月に参議院選挙があります。「脱原発」のために1票をいれましょう。

 

今日の発言から「原発を止めると電力会社はお金が儲からない。国民の命が危険にさらされるのはゆるされない」「原発事故を起こした東電は止めよう。再生可能なエネルギーを使う会社にかえよう。パワーシフト宣言 で検索して、東葛でも5社ある」

「子供たちの甲状腺エコー検査をしよう。柏市では7月1日より受付」

 今日も替え歌、コール、チラシ配りとピンクのうさぎさんも手をふっていました。

 

 

今日の空間線量は 0.094-0.114マイクロシーベルトでした。

                                                   2016.6.17.

 

6月10日(金)第194回金曜日行動

 今日は梅雨の晴れ間の一日でした。暑かったですね。

最近は夕方7時ごろでも明るいので署名もしやすく助かります。前半は企業の活動があったので、声を出しての行動は30分でした。

 

 福島県沖のヒラメが、基準値以下になったので出荷解除されたといいます。はたしてどれだけの数値なのでしょうか?

 宮城県の気仙沼水産試験場の調査船が、宮古島沖で5月12日に発見されました。

津波で流された船はぐるり回って、流れ着いたものとみられています。船ばかりでなく放射能も海を回っています。今も汚染水は流れています。いったいどこまで汚すのでしょうか?

 

中部電力は浜岡原発5号機の再稼働を申請する方針です。5号機は大震災の後約400トンの海水が原子炉に入りました。配管や弁などに錆が見つかっていますが、修理すれば安全と判断していますが、果たしてそれで大丈夫といえますか?2号機は廃炉、3,4号機は再稼働に必要な申請を終えています。

 

 福島県の子どもの甲状腺のエコー検査結果、事故当時5歳以下の男の子に甲状腺がんが見つかりました。

有識者会議の星北斗座長は「5歳以下で、甲状腺がんの発見がないから、原発事故と因果関係はない」と説明してきましたが、今度は「1例でたからといって、それで科学的云々という内容ではない」

と話しています。いったい何人のこどもが甲状腺がんになったら、因果関係を認めるのでしょう。

 手術してもそれで終わりでなく、一生ホルモン剤を飲まなければいけないのです。免疫力も落ちるでしょう。首に手術跡も残ります。ご自分の子どもだったら、孫だったらどうでしょう。

 マスコミは舛添都知事のことは大きく報道するのに、このことは小さくしか扱っていません。

子どもたちの命がかかっているのです。もっと追及すべきです。

 

 発言から「環境省は除染で出た汚染土など、8000ベクレル以下となったものは再利用できると方針を決めたが、地下水や環境はどうなるのか」「原発で作る電気は使いたくないから、電気を東京ガスにかえた。電話をするだけでいい、電気代は東京ガス25.58円(1kwh当たり)東京電力は25.75(1kwh当たり)

我孫子市在住」

 毎週金曜日夕方6時から7時のあいだ柏駅東口Wデッキで行動しています。皆さん個人の意思で集まっています。

少しの時間でもたまにでも結構です。どうぞお気軽においでください。声を出して歌を歌うのもいいですよ。

 

今日の空間線量は0.107-0.123マイクロシーベルトでした。 

                    2016.6.10.

 

6月3日(金)第193回金曜日行動

 6月に入りました。この前桜だったのに、いつの間にかあじさいが咲き始めました。早いものです。早いといえば、この金曜行動も7月22日で、200回を迎えます。まさに「継続は力なり」です。

 

先週はサミット、オバマ大統領一色で原発関連記事は小さく扱われていました。日本にはすでに広島型原爆の放射能120万発の核のゴミがあります。こちらはどうするのでしょう。

再稼働は「新しい判断で」やめませんか。安倍首相。

 

 厚生労働省の研究班はビキニ水爆実験の時、第5福竜丸以外の漁船の乗組員について、「

放射能による健康影響が現れる程度の被ばくがあったことを示す結果は確認できなかった」と報告しました。

 

 東電の被災者への賠償や除染費用などの支払いは10兆円規模に上るそうです。これから増える汚染水対策や燃料デブリの処理方法などもわからないし、どんどん費用は上がるでしょう。

 

 国費345億円を投入した凍土壁は1割しか凍結していません。1か月半経過しても土壌の温度は下がりません。凍土壁を維持するためには,四六時中冷媒マイナス30度の液体を

流し続けなければいけません。電気が切れたり、パイプが壊れたら終わりです。その維持費は数年で10億ともいわれています。東電は追加工事をするといますが、そのお金は誰がだすのでしょう。

 

 発言から「東海原発のパイプから750リットルの汚染水が漏れたというが、地震がきてパイプが壊れたらどうなるのか」「あきらめたらだめ。原発反対しても無駄と思わないで、理想を掲げそれにむかって行動しよう」「18歳から選挙権がもらえるが、日本の運命を決める判断をする時だから、原発を進めない人に投票しよう」「無関心はだめ」「原発事故はまだ究明されていないのに、再稼働はしてはいけない」署名をしてくれたお兄さんは「原発は怖いよね」と言っていました。

 今日もピンクのウサギさんが手を振り、替え歌に コール チラシ配り と行いました。

 

 

 空間線量は0.102-0.119マイクロシーベルトでした。 

                  2016.6.3.

 

5月27日(金)第192回金曜日行動

街に半袖の人が多くなりました。30℃を超える真夏日も数日続きました。そろそろ、関東地方も梅雨に入るのでは、との予報もあります。蒸し暑くなりますね。

 

沖縄では、アメリカ軍属による日本人女性惨殺・遺棄という残忍な事件がまた起きてしまいました。2度とこんな事件を起こさせない為に、せめて、日米地位協定の改定を、安倍首相はキチンとオバマ大統領に要求したのでしょうか? 

 沖縄県における犯罪抑止対策推進チーム’等という参院選を意識したアリバイ作りに私達は騙されてはなりません。

オバマ大統領は、今日、広島を訪れ、原爆慰霊碑に花を手向けました。人類の罪への実質的な謝罪であった、と私は思います。そして、原爆の投下がなにをもたらすのか、被爆の惨状を世界に向けて発信し、核兵器の廃止への思いを改めて世界各地で希求する機会になれば、と思います。

ところで、サミット期間中、福島第1原発の廃炉作業は休止って!、これは一体何なのでしょうか? サミットに来るお客さんに危険なら、私達この地に住んでいる者にも危険ってことでしょ!

でも私達には、廃炉作業の休止などと言う措置はされない。つまり私達は、お客さんじゃないからそんな危険にズーットさらされていてもイイって事なの? この人権感覚おかしいですね、変ですね。それはそれとしても、これで、改めて、廃炉作業って、そんな危険なことなんだ、と当局が認識している、という事が良く分りました。

今、各地の原発作業で働いている沢山の人達、廃炉作業で働いている沢山の人達が大変な危険にさらされて仕事をしている。そして、あの3月11日以降、首都圏壊滅の危機の中で、福島第一原発の暴走を必死に止めようとした職員、作業員、消防署員、自衛隊員が大変な危険にさらされていた(その後、体の不調を訴えている人もいる)、という事が良く分りました。小泉元首相!‘トモダチ作戦’の元アメリカ軍兵士だけでなく、日本の作業員にも涙して下さい。

4月から電力の小売り自由化が始まりました。あなたのお宅では、どこの電気にしましたか? せめて、原発の東京電力はやめましょう! 4月末迄で、従来の会社から切り替えた件数は、全体の1%超だそうです。この数をまだまだ増やさなくてはなりません。皆様、原発をなくす為に、さーっ、まずあなたから、小さな1歩を踏み出しましょう! 大きな一歩になる事を信じて!

今日もチラシを配っていたら、若い男性に声を掛けられました。チラシに載せてあった市民電力に興味を惹かれたとの事でした。嬉しい事です。

雨上がりの今日、192回目の行動は、参加者は20人を超え、用意した150枚のチラシは全てさばけ、最後に署名に来たT高校の生徒たちには、足りない程でした。

 

今日の空間線量はWデッキの机の上で、0.0950.104マイクロシーベルトでした。

 

5月20日(金)第191回金曜日行動

 

 

 新緑をゆらす風は涼やかで気持ちの良い時期です。でも夕方になるとは少し肌寒いくらいで羽織物が必要でした。寒暖の差があります。皆さま体調管理に気を付けてください。

 

 今日は舛添東京都知事のニュースが出ていました。オバマ大統領が広島を訪問する予定ですが、どんなメッセージを伝えるのでしょうか。でも演説ライターがいるというのです。自分の考えを自分の言葉で語ってほしものです。同じノーベル平和賞のマララさんは若くても自分の言葉で話しています。

 

 小泉元首相は、東日本大震災の時に「トモダチ作戦」で被爆した米海軍の健康被害を聞いて、見過ごせないと涙ながらに語っていました。

 

 愛媛県の住民が、松山地裁に伊方原発3号機の仮処分を申請する予定といいます。伊方原発のそばには中央構造線断層帯が通っています。今九州では地震が続いています。伊方付近でも地震が起きる危険性が高まったと判断したそうです。

 

 放射能の海への拡散が5年目で、日本周辺の海に戻ってきたそうです。青山道夫(福島大環境放射能研究所教授)

がウイーンの国際学会で発表しました。秋田沖、新潟沖、富山沖、大隅半島沖、沖縄沖で、など、71か所で海水を採取、分析したところセシウム134、137が検出されています。野菜と違って、魚は泳いでいます。カリフォルニア沖で獲れたマグロからセシウム134が検出されたこともあります。この先どうなるのでしょうか。

 

 今日は9条の会議がなかったそうで、9条の会の皆様の参加もあり、さらにギター、オカリナ、ハーモニカもそろい力強いコールになりました。ウサギさんも手を振ると女子学生や子供たちがハイタッチしていきました。

 

  今日の空間線量はWデッキ机の上で、0.102-0.121。Wデッキ隅で0.128-0.153。

1階のバス停あたり0.087-0.094 マイクロシーベルトでした。

 

 ピースパレード  

 5月22日(日)柏西口第一公園(午後2時出発式 2時半出発)柏駅までパレードします。

 

黄色いものをもって集まろう。原発反対。平和な社会を。 

                                     2016.5.20.

5月13日(金)第190回金曜日行動

 熊本地震から明日で1か月。避難されている方々もだいぶお疲れのことと思います。熊本産のトマトを買いながら、一日も早く日常生活に戻れますようにと応援しています。

 

伊勢志摩サミットの期間、東電は福島第1原発の廃炉作業を休むということですが、九電さん、川内原発はどうですか? 川内原発は地震にもテロにも強いというのでしょうか?

 

 宇都宮の小学校で、給食のたけのこから放射性セシウムが基準値の2.3倍検出されました。たけのこを出荷した男性は「制限区域と知らなかった」と言い、学校保健課は「今のところ健康被害はない」ということです。しかし、関東、東北地方で、地元産のたけのこを給食に出すというのはどうでしょう。今回は月1回の簡易検査で見つかったということですが、すでに食べてしまったということです。何のための検査なのでしょう。せめてたけのこ、しいたけなどは事前に測ってほしいものです。

 

 こどもたちの食の安全は誰が守るの?

環境省は8000ベクレル/kg以下の汚染土を公共事業で利用できると決定しました。汚染土壌の上に土をかぶせて「土で遮蔽する」といいます。それで大丈夫?ここに雨が降ったらしみ込んで、放射性物質は地下水に流れ込んでいく不安がでてきます。

 

 第5福竜丸がビキニ環礁で被爆して3月1日で、60年になりました。アメリカは13年間の間に66回の核実験を行い、マーシャル諸島では今でも帰れない住民がいます。

あの時、第5福竜丸以外にも700隻以上の船が操業していたといます。被ばくした元船員やその遺族らが、国家賠償請求訴訟を高知地裁に起こしました。国は検査記録を開示してこなかったので、米国への賠償請求などの救済機会を失ったといいます。これから注目していきましょう。

 

 小さなお子さんを連れたママさんが署名コーナーに歩みよって、「署名は力になりますか?」と聞いてきました。

「はい、意思表示になります。これは(柏崎刈羽原発再稼働反対の署名)新潟の方も千葉からの応援ということで、励まされると思いますよ」「原発のない電気を使いたいのですが」等々お話ししました。こんな若いママさんが増えていってほしいです。

 

 今日の空間線量は0.096-0.117マイクロシーベルトでした。

                  2016.5.13

 

 

 

 

 

 

5月6日(金)第189回金曜日行動

 夕方から本格的な雨になってしまいましたが、それでも雨にも負けず、皆さん

集まってアピールに 替え歌 コール チラシ配りと金曜行動が始まりました。

 

 子どもの日も過ぎましたが、子どもたちに平和で安心して暮らせる時代を届けたいものです。

 

憲法記念日にかしわ市民憲法集会が柏市民文化会館で開かれました。1400人が集まり、浜矩子さんの講演を聞きました。「経済合理性からみると、原発の再稼働は必要という人がいるが、それは違う。原発は人間の生存権をおびやかす。だから経済合理性はない。経済活動は人間を幸せにしなければいけない」と話されていました。原発は一部の人達は潤います。しかし、ウラン作業員、原発作業員の被ばく、事故が起きた時は

多大な被害を及ぼして多くの人に苦難を強いります。それでいいのでしょうか?

 福島ではまだ先の見えない暮らしをしている人がいます。それなのに賠償打ち切り、帰還を促しています。

 

川内原発はこの地震の中でも止めようとしません。規制委員会はチェルノブイリ原発事故の時は、あのような事故は

絶対日本では起こらないと公言していましたが、今は重大事故が起きることを前提に再稼働を認めると開き直っています。

福島原発事故はまだ途上です。まだ終わったわけではありません。そして、現代科学では地震の大きさを予測できません。

 

参加者の声「熊本のことなどは情報として出るが、大事なことは知らされていない。報道の自由度も下がっている。

憲法のことを意識して生活しているが、無関心な人が多い。(微力であっても無力ではない )と無視されてもチラシを

配る」

今日の空間線量は0.1以下でした。

                                                       2016.5.6.

 

 

 

 

 

4月29日(金)第188回金曜日行動

   ゴールデンウィークが始まりました。そのためでしょうか、いつもより参加者が少なかったようです。来週お待ちしています。

今日は風が強かったですが、夕方になると冷たい風になり、まだ冬ものがいるようでした。

そんな中、署名、カンパしてくださった方々ありがとうございました。

チェルノブイリ原発事故から30年が過ぎました。九州はまだ地震が続いています。

 大手電力10社の3月決算が発表されました。原油安で火力発電の燃料が大幅に減ったので、東日本大震災後初めての黒字だそうです。

玄海原発の立地玄海町の岸本英雄町長は、高レベル放射性廃棄物(核のゴミ)の最終処分場受け入れに前向きの意向を示しています。玄海原発は1号機から4号機までありますが、1号機は廃炉が決定したので、税収が下がるためとか。核のゴミは使用済み核燃料棒からウランとプルトニウムを分離する再処理をするときに残る廃液をガラスで固めます。人が浴びると20秒で死ぬといいます。

(毎時1500シーベルト)これが2万5000本以上。天然ウランと同程度になるまで10万年かかるといいますが、地震列島で大丈夫でしょうか?

 もうこれ以上核のゴミをふやさない。 そのためには再稼働なんてとんでもない。

 

参加者の声「原発をなくしたいから参加している。事故がおきたらリスクが多いのに再稼働の意味があるのか」

 

  今日の空間線量は0.109前後でした。 

                                                     2016.4.29.

4月22日(金)第187回金曜日行動

 穀雨の季節になりました。雨は大地を緑にしてくれますが、九州にはもう降らないでと、てるてるぼうずを作りたくなります。

 

 

熊本地震から1週間が過ぎましたが、あの時は大きな地震は終わりで、余震が一週間ぐらいあるとのことでしたが、それから本震がおこりまだ余震は続いています。その上雨と災害は続いています。

避難している人は十万人以上とも、どんなにつらい毎日でしょうか。いかに避難対策は不十分なのかわかります。

 

九州電力の林田道生部長は「川内原発は現時点で安全性に問題はない」と語っています。この先何があっても想定外ですませますか?

九州電力は川内原発で免震重要棟をケチって建設しないのですから、安全は2のつぎ、三のつぎなのでしょう。だれが責任を取るというのでしょう。

 

また、薩摩川内市長は「事故が起きたら九州新幹線で逃げればいい」と説明してきましたが、できますか?。どこに どうやって逃げればいのでしょう。地球の反対側ノエクアドルで16日大地震がおきました。死者は500人以上といわれています。地球の内部は動いています。

 

こんな時に高浜原発1,2号機の運転延長の許可がおりました。

人間なら、20から60歳まで40年働いて、やっと定年かと思ったらまだ20年働けということです。とても無理です。機械だって、建造物だって老朽化します。この地震の時に許可をするとは、開いた口もふさがりません。

そんな中、日本は「報道の自由」は世界で72位だそうです。去年は61位。アメリカは41位、フランスが45位です。

 

みなさんの発言は「川内原発ストップ 」の怒りの声が多かったです。ウサギさんも参加でした。

 

今日の空間線量は0.103前後でした。

                 2016.4.22

4月15日(金)第186回金曜日行動

ソメイヨシノが散り始め、欅の新緑が美しい季節です。昼間は風が強かったので夕方も冷たい風で寒かったです。

 昨夜、ラジオをつけたら、あの地震警報の音が流れ、ドキドキしていたら、熊本で地震ということでした。活断層は動いているのですね。明日から雨といますが、二次災害がないといいですね。

 

ノーベル文学賞のベストラーナ・アレクシュービッチ氏が北海道で「チェルノブイリの祈り」について議論した時、ある男性が「だらしないロシア人だからあの事故が起きた。

日本では学者たちが精密に計算している。我々にはありえない」と言ったそうです。

彼女は「私たちは自然と争う力はない」と話し、8年後福島原発事故が起きました。

4月26日はチェルノブイリ原発事故から30年になります。石棺も古くなり、立ち入り禁止地域はそのままです。子どもたちの甲状腺がんは減りません。

 

先週に引き続き、「3.11で生活人生は変わりましたか」という質問をしてみました。「それまでも募金はしていたが、本気でするようになった。大きな集会は東京にいくが柏に来るようになった。お金を出すことを惜しまなくなった」

「そんなに変わっていないけど、原発の怖さを肌身に感じる。8月9日生まれなので、原爆に関心があって、高校生のころから調べている。少しでも脱原発の運動にかかわれればと思う」

「食べたいものが食べられなくなった。嘘をつくやつは大嫌い。戦争でひもじい思いをしたので後戻りしたくない」

「個人で自主的に来ている。社会に対する見方が変わった。政府が国策としてきたことが国民の目から見ていかに危ういことだったか。ドイツは原発を撤退したのに、日本は転換できないのが残念 」

替え歌にコールとふるさとの歌で終わりました。

 

「記憶せよ 抗議せよ 抵抗せよ そして生き延びよ」(本田雅和)

どうぞご参加を。29日 昭和の日も行動します。

今日の空間線量は0.111-0.117マイクロシーベルトでした。2016.4.15.

 

4月8日(金)第185回金曜日行動

 

 桜が散り始めました。今年は花に雨の日が多かったですね。新年度が始まりました。ぴかぴかの新入生や新社会人の姿を見かけます。

初々しい姿は希望にあふれていますね。それで、参加者のみなさんに「3.11のあと生活や人生が変わりましたか?」という質問をしてみました。

 

「何かしなくちゃと思い、原発がなくなったらいいなと金曜行動に参加するようになった。

どれくらいできるかわからないが。放射能が一番怖い。今は健康にでてこないけど、先はわからない」

「原発に関しては本を読んでいたけど、これほどひどいとは思わなかった。ボイラー関係の仕事をしていたから、原発事故のについて理解しやすいと思う。知識のあるものが反対しなけらばいけない。デモに行くようになった。

東電は反省がない。」

「事故が起きるとは思っていなかった。知識としては原発のことを「トイレなきマンション」と知っていたが、事故で日本中汚染されて、海も汚染水でひろがっている。娘や孫は食べ物を気にしている」

「電気を50Aから20Aにして、電気代は2千円台になった。テレビ、パソコンをやめた。携帯は使わない。

金曜日に野田から、柏駅に来るようになり、その上マイクを持って話すようになった」

「食べ物を気にするようになった。産地を確かめる。放射能がどのくらいはいっているか気になる。放射能を測定するようになった。家の北側は0.4あったが草をとったら、下がった。」

 

 福島原発事故はそれぞれの生活や人生を変えような出来事です。それを行動にあらわし皆さん金曜日に集まってきています。原発事故で放射能のある生活になってしまいました。

医師の西尾正道は「日本人はあまりにも見識がなさすぎる。これは静かなる殺人ですよ」と話しています。連日余震があったこと、原発から煙が上がったこと忘れないでいましょう。

 

 さて、定年を迎えられた方、少し時間ができた方など、ご一緒に金曜行動をしませんか。思っているだけではだめです。態度で示しましょう。今日はピンクのウサギさんの参加もあり、高校生が手をふっていました。

 

空間線量は0.129マイクロシーベルトでした。 

                                  2016.4.8.

 

4月1日(金)第184回金曜日行動

  前回は「春が来た!」と喜んでいたのですが、今夜は冬に逆戻り。北西の風が吹き、体が冷えてくるほどの寒さです。

通行する人々もコートのポケットに手を入れていて、なかなかチラシを受け取ってくれません。

 

それでも、署名をしてくださる方、何かお手伝いをと申し出て

下さる方、カンパをしてくださる方がいて励まされます。

今日の参加者は20名ほど。寒さにめげず、184回目の反原発金曜行動をやりきりました。

いつもの替え歌は「365歩のマーチ」と「遠い世界に」。

どなたでも参加できる反原発行動です。ぜひ、あなたもご一緒にどうぞ。

 

                                                           2016.4.2

 

3月25日(金)第183回金曜日行動

 春が来ました。レンギョ、白木蓮、こぶし、雪柳、花が満開ですね。

来週は桜も満開でしょうか。陽が伸びたので、夕方6時でもまだ明るさが残っています。これからは過ごしやすくなります、皆さまどうぞ参加して

ください。

 

ベルギーのテロは,最初ドエル原子力発電所を標的にしていたといいますが、日本は大丈夫ですか?すべての原発を防御する体制はできていますか?

 

四国電力は伊方原発1号機を廃炉にすると発表しました。運転から40年過ぎ、延長すると対策費に見合う採算が採れないということです。

 しかし、3号機は再稼働を進める方針です。再稼働すれば年間300億円の収益と言いますが、事故が起きたらそれどころではないでしょう。

 

今日はギターもオカリナもお休みでしたので、替え歌やコールもひっそりやっていましたが、アフリカのタイコ ジンベが応援してくれました。

いつもありがとう。発言より

「また、福島第一原発で汚染水5.3トン漏れた。1リットルあたりセシウム38万3千ベクレル、ベータ線は48万ベクレル。いつまで続くのだろう」

「東芝がこうなったのも福島原発事故があり、原発産業が破たんしたためである」

 

明日26日(土)つながろう福島 守ろういのち 全国大会 代々木公園です。一緒に参加しましょう。柏駅みどりの窓口あたり集合 13時 

 

 

今日の空間線量は 0.110前後マイクロシーベルトでした。

                                                          2016.3.25.

3月18日(金)第182回金曜日行動

 今日は風が強かったけど、暖かな一日でした。近くの桜が咲いていました。

もうすぐ桜前線も北に上っていくでしょう。でもお花見のできない場所もあります。

「花は咲けども 春を喜ぶ人はなく 毒を吐き出す 土の上 うらめしくやしと花は咲く」(花は咲けども)

 東日本大震災は千葉県内にも災害の爪痕を残しました。浦安、安孫子の液状化現象、旭市の津波災害。日本は災害列島で、災害にあった人とまだの人がいるだけといいます。

いつ災害は起きるかわかりません。先日NHKの「原発メルトダウン危機の88時間」という番組を見ましたか?もし、また原発事故がおきたらだれが、収束に向かうというのでしょう。

電力会社社員、その関連会社、自衛隊、消防隊員、最前線に行くのはだれでしょう。

戦争と同じで上で命令する人は、遠くで指示するだけです。この事故で東電だって事故の恐ろしさを学んだはずだが、再稼働に向かうというのは、社員の命や、その家族の悲しみなど儲けのためなら関係ないというのでしょうか。 4月からの電力自由化にあなたは

どこの電気を選びますか?

「 3.13の「市川さよなら原発パレード」に参加してきた。500人ぐらい集まってにぎやかなパレードでした」

「東電の隠ぺい体質は変わらない。みんなの力で原発を止めさせるしかない。原発につかう無駄なお金の使い方道を変える」

カンパをしてくださった男性は、「核は絶対ダメ」と強調していました。進んで署名コーナーに来てくれた女子高生、一緒に鳴子を鳴らしてくれた子供たち。今日もみなさんありがとう。

今日の空間線量は風が強かったからか、0.09マイクロシーベルト前後でした。

                     2016.3.18

3月11日(金)第181回金曜日行動

 今日は冷たい雨の一日でしたが、夕方になると雨も上がりましたが、寒い日でした。

東日本大震災から5年になります。あの日、東葛地方は暖かな春の一日でした。あの日あなたはどこで、何をしていましたかと、参加者のみなさんに聞いてみました。

「中央区にいた。道路を歩いていたら、電柱がたおれくらいゆれて、屋根の瓦が落ちてきた。その夜は、会社に泊まり、翌日家に着いたのは午後3時だった」(松戸市男性)

「家にいた。ゆれたので机の下に隠れた」(柏市女性)

「プールの帰り、自転車で464号を走っていたら、道路がつり橋のように揺れた」(白井女性)

「議会の傍聴に行っていたが、中止になった。天井から物が落ちてきた。車で家に帰った」(柏市男性)

「高校で仕事をしていた。生徒は下校していたが、残っていた生徒を先生方で車で送った」(我孫子男性)

「山形市内にいた。車を運転していたので、気がつかなかったが、信号が消えて、車を止めたらゆれていた。

電気はすぐ消えた。雪がふって寒い日だった。その後避難してきた人たちがたくさん来た」(当時山形女性)

「家にいた。ゆれたが被害はなかった。野田線が止まった」(野田女性)

「有休をとって仕事を休んでいた。出かけようとしたとき揺れた。近所の家の瓦が落ちブルーシートがずっとかかっていた」(野田女性)

「揺れていた。余震が怖かった。野田線の踏切が開かなかったので、スーパーの駐車場に車をおいて、歩いてかえった」(野田女性)

「山手線に乗っていた。電車が揺れて原宿で降りた。新宿まで歩いて帰り、そこの現場で泊まった。

 翌日から自転車で松戸まで行った」(松戸男性)

 皆様のあの日はどうでしたか?計画停電がありました。スーパーから水や食料がなくなりました。ガソリンスタンドには長い行列ができました。テレビでは津波や原発の爆発映像が流れました。

それぞれのあの日を思い出し語りついでいきましょう。

 高浜原発3,4号機の運転差し止めの仮処分決定がでました。日本にはまだ良識が生きています。

各地で声を上げていきましょう。

 今日は遠くは長野からの参加者もあり、延べにすると40人近い人が集まりました。東葛バンドの「花は咲けども」替え歌、コールと続きました。終わりごろ、今日中学生を卒業したという男子4人組が、足を止めたくれたので、「マイク持つ?」と聞いたら素直に発言してくれました「太陽、自然エネルギーで電気を作ろう。原子力の何が必要だ。ぼくたちに原発のない世界を残して。大人に伝えます」

 さあ、あなたはこの発言に何と答えますか?どんな世界を残しますか?

 もう一人、病院帰りという女性は、「原発は他のこととつながっているので、方法はわからないけれど、保育園落ちたのように、やったら、早く広がるんじゃないの」という提案もありました。

 今日の空間線量は0.112マイクロシーベルト前後でした。

                    2016.3.11

3月4日(金)第180回金曜日行動

3月に入って、一日ごとに春の気配が感じられ、うきうきしてきますが・・・。

とんでもないことが続きます。福島第一原発の当時の社内マニュアルに、核燃料が溶け落ちる炉心融解が明記されていたが、その存在に5年間気がつかなかったという。

 志賀原発1号機建屋直下にある断層を「活断層と解釈するのが合理的」と有識者会合が結論を出した。となりに2号機もあるが、もし地震が来たらそちらは大丈夫なの?

もう、1号機も2号機も廃炉にするのが当然では。でも北陸電は争うといっています。本来そんなところに原発の建設を認めたのは誰なの?

 福島県民調査で、放射性物質への不安を感じる人は68%、廃炉作業への不安を感じる人は85%、再稼働反対は77%という。復興という名のもとに帰還を進めているが、戻って新しい生活を始めたころ、廃炉作業中に事故が起きたらどうなるのだろう。まだ建屋の中には強い放射能があり近づけない。溶け落ちた燃料デブリはダイヤモンドカッターでも切れないという。その量800トン。その上保管場所さえ決まっていないのに。

 高浜原発4号機はスイッチを入れたとたん警報ブザーがなったが、レベル5まであるがレベル4の事故だったという。4年停止していた原発を動かすとリスクがあります。

今日は前半はいつもの企業アピールがあり、後半だけになりました。足立区からの参加者は「東京都はゴミの分別をしていないので、どんなごみも一緒に燃やしてしまう」と発言。

「私たちも被害者です。忘れないで今こそ声を上げよう」替え歌にコールと続きました。

さて、次回は3.11です。あれから5年。忘れない。そして行動に移しましょう。どうぞお集まりください。今日の空間線量は0.10-0.103マイクロシーベルト前後でした。

2016.3.4.

2月26日(金)第179回金曜日行動

 梅の花が咲き始めました。もうすぐ3月、春ですね。 桜の開花予報もでていました。

 3.11あれから5年を迎えます。今年は3.11が金曜日です。 何かしたいけどと思われるかた、金曜デビューしてみませんか?  今日は市川から「さよなら原発市川パレード」の主催者の方が参加してくださいました。 3月13日(日)市川駅南口公園で14時からアピールとデモをします。どうぞご参加を。

 さて、高浜原発4号機が再稼働しました。20日にボルトが緩んでいたとかで、放射性物質総量 6万ベクレル、34リットルが漏れていたといいます。ほかのボルトは大丈夫なの? ここはウランにプルトニウムをまぜるMOX燃料が使われる危険な原発です。 プルトニウムはウランの20万倍も毒性が強い上、その使用済み燃料の処分方法も処分先も未定です。さらに築40年の高浜原発1,2号機を「適合」と原子力規制委員会は認めました。 築40年の家といえば上物はゼロですし、40年前のテレビをまだ使っている方はいるでしょうか?  

 福島第1原発ででた防護服や手袋などを敷地内のごみ焼却炉で燃やし始めました。焼却灰は 敷地内で管理するといいますが・・。  参加者の声から「高校生に高浜原発が再稼働したのよと話したら、スマホで 検索して、ああこれだと関心を示した」「チラシを受け取る人が少なかった」

 今日の空間線量は0.101-0.116マイクロシーベルトでした。依然として線量は低くはならないようです。

                    2016.2.26.

2月19日(金)第178回金曜日行動

 

 今日は暖かくて春らしい一日でした。それから、24節気の雨水とか。雪が雨に変わるころといいます。そして、明日は雨の予報です。一雨ごとに春が近づいてきます。

 

インフルエンザで学級閉鎖という話もききます。参加者の中にも風邪ぎみという人もいました。どうぞお気をつけてください。

  さて、政治家の方々の「失言」が増えていますが、これって失言なのでしょうか?

  日頃考えていることが、ポロリ出たという本音ではないのでしょうか。??

 

今日の発言より、「自主避難者にも賠償を認めた判決がでたが、これからもふえていくだろう」「仮設住宅に住む人達は ふるさと の歌は歌えない。自分のふるさとを思い出して、号泣してしまうから」「丸山環境相の年間1ミリシーベルトは根拠がないの発言にはあきれる。ちゃんと国際放射線防護委員会が出している数値を環境相が知らないとは」「仮設住宅の孤独死が増えている。5年で合計190人を上る」「汚染水タンクは現在1106基.年内にも20基設置するという。この先どうなるの?」「原発に反対だから署名するわ」などなど。・・・

 

替え歌は、「安倍が辞めたら お別れなのね 原発再稼働 水に流して・・・・」

 まだまだ夕方は風が冷たいです。参加されるかたは暖かい服装で。

今日の空間線量は 0.109-0.112マイクロシーベルト前後でした。

                    2016.2.19.

 

 

2月12日(金)第177回金曜日行動

  つい、「はるはなのみのー」と歌が出てしまう今日この頃です。

光の春といわれるように、ひざしはまぶしいですね。春はもうすぐ。

そして、原発事故から5年目になります。

 なんとモラルのない政治家に、字の読めない政治家、環境相は被ばく量の年間1ミリシーベルトは、科学的根拠がないと発言。こう続くと唖然とするだけ。

政治家ってどんな人間なの?。そんな人を選ぶ人達がいて、これってもう日本人全体の質が落ちていることになるのだろうか?

 

 ピンクのウサギさんは今日も人気を集めていました。「東葛バンド」の皆さんが「花は咲けどもー春を喜ぶ人はなし 毒を吐き出す土の上 うらめしくやしと花は散る」(花は咲けども)を歌い、替え歌「柏から世界へー」コール、発言とにぎやかでした。署名 カンパもありがとう。

 通りがかりの人が発言してくれました。「東電の廣瀬社長の発言は無責任だ」「約束違反の川内原発、免震棟を建設させるとして再稼働したのに安全を無視している」「電気は足りているのになぜ再稼働するのか」「東芝は風前のともしび」

「 4月から電気の自由化というが 具体的にはどうなの?勉強会をしてほしい」

 

 空間線量は0.117-0.128 といつもより高かったです。Wデッキの机の上です。

 

いまだ放射能はでています。汚染水は流れ出ています。

   2016.2.12.

2月5日(金)第176回金曜日行動

 立春も過ぎて、暦の上では春。昼間の日ざしがまぶしいです。梅の花も咲き始めましたが、夕方は寒いです。インフルエンザが流行ってきたといいます。

皆さま気を付けましょう。

 

 高浜原発が再稼働しましたが、ここはMOX燃料を使っていますが、「石油ストーブの上で

ガソリンを燃やすようだ」とたとえられているような危険な原発です。このMOX燃料は使い終わったら再々利用する設備も方法もありません。

 原発はトイレなきマンションといわれていますが、この放射能のゴミ、高濃度指定廃棄物は、全国で17万トンになってしまいました。4日環境省は、国が集めて処分するという方針を転換して、濃度が下がれば自治体が処分できることにしました。これって国は責任をとら

ないということですか?

 

発言から「子供たちの甲状腺に結節などの異常が見つかっているが、その子が大人になったとき、それがどうなるのか。広島長崎で被爆したした人も年をとって病気になっている」「4月に電力自由化が始まるが、どんな会社がどんなエネルギープランを出しているか、エネルギー構成はどうなっているか考えて、選べる権利を使おう」

 署名 カンパに協力ありがとうございました。

明日 6日 ドキュメンタリー映画「首相官邸の前で」上映します。そのあと、東葛バンドの皆さんのミニコンサートもあります。予約不要です。300円。午後1時45分上映どうぞおいでください。

空間線量は0.09前後マイクロシーベルトでした。 

2016.2.5.

1月29日(金)第175回金曜日行動

「雨にもマケズ 風にもマケズ・・」今日も冷たい雨にもかかわらず、

多くの人が集まりました。 それというのも高浜原発3号機が再稼働しました。

抗議の声を出さなければという気持ちが強かったようです。

 高浜原発はウランとプルトニウムを混ぜたMOX燃料を燃やすプルサーマル発電です。とんでもない話。世界では核燃料サイクルは撤退しているというのに

日本は安全性についてどう考えるのだろうか。福島原発事故の教訓はいかされていない。高浜町長は停滞した町の経済を発展させるというが、ここでも経済が

優先されているのです。

 

 原発が動けば放射性廃棄物がでますが、全国54基すべての廃棄物は45万トンになるといわれています。ドキュメンタリー映画「10万年後の安全」では

高濃度廃棄物を地下に埋蔵するというフィンランドの話です。放射能は10万年たたないと安全にはならないので、その間その場所が危険であると伝えていくにはどうするのかということですが・・・。

 しかし、日本では中間貯蔵庫さえ決まらない。東海村の山田村長は「ほかに選択肢がないなら、L3であればやむなしと感じている」と語った。高濃度廃棄物はL1-L3まで分類されるが、低いL3といっても0.3ミリシーベルト/h、年間1ミリシーベルトとしても3時間そばにいれば許容値になってしまいます。

 

参加者の声です。「夕方のこの時間は主婦は参加でいない人が多いから、その代表という気持ちで来ている。お正月に常磐線の竜田駅までいった。福島に入るとフレコンバックが並んでいた」「  上手に話ができないから、プラカードを作ってきた。再稼働なんてとんでもない。(  人間の力を過信していませんか )」

 先週のバンドは「東葛バンド」という4人の皆さんでした。また来てください。

 

今日の空間線量は0.1以下でした。

 

1月22日(金)第174回金曜日行動

上の動画を見る場合は画像中央を左クリックしてください。

やはり1月です。寒いです。「爆弾低気圧」とか、恐ろしい名前がついています。

Wデッキの上は風が吹きぬけていくので、寒さも一段と厳しいような気がします。

 

 ピンクのウサギさんも参加してくれ、高校生や子供たちに人気で写真をいっしょに撮っていく人がいました。先週予告したバンドの皆さんが来てくださり、「花は咲けども」など歌ってくれました。「原子の灰が 降った町にも 変わらぬように 春は訪れ もぬけの殻の 寂しい町で・・・・花は咲けども 春を喜ぶ人はなし うらめし くやしと 花は散る」ギターの方手が冷たかったでしょう。

 参加者の声から 「寒い」「4日に国会に行ってきた。テント前で落語をやっていた」「来週は国会に行ってくる」「チラシを受け取る人が少ない。寒さのせいかそれとも忘れられていってしまうのか」「プラカードを持っていると、その字句を読んで、そうだという人もいる」

「首都圏にも原子炉はある。川崎の浮島にある東芝原子力技術研究所 ここはハザードマップによると水没地域で埋め立て地のため液状化現象を起こす可能性もある。横須賀の立教大学原子炉。横須賀には原子力潜水艦も寄港する。昨年12月までに、915回 通算滞在日数7875日。」

 「4月から電気が選べることになる、よく考えて選べる権利を使おう」

今日の空間線量は 0.09-0.110 前後でした。マイクロシーベルト。

 

映画「首相官邸の前で」上映します。予約なし  当日参加 参加費 300円

上映1時45分 開場 1時半  柏中央公民館 講堂

 

2011年から始まった 反原発運動の記録です。今 歴史は動いていく。どうぞ一緒に観て、話をしましょう。

 

1月15日(金)第173回金曜日行動

 

今日は小正月という。そういえば昔は繭玉をかざっていたが、もうお正月も

これで終わりです。

 前半はいつもの企業が活動していたので、後半30分が声を出してのアピールとなりました。

 ピンクのウサギさんの参加もあって、薄暗い中にも目立っていました。残念なことにギターとオカリナの方が都合により不参でした。次週はバンドの方々が参加して、影法師の「花は咲けども」など歌いますので、ご期待ください。

 替え歌はなんと80曲目という「年のはじめのためしとて 原発なき世のめでたさを原発なくして 安全な 電気を今日こそ えらびましょ」(1月1日)

 4月より電気の自由化が始まります。盛んにコマーシャルや解説が流れるようになりました。

 以前検針員さんが、メーターが遠隔で計測できる(スマートメーター)になるから、仕事がなくなると話していました。電気の自由化は8兆円産業ともいわれています。色々なところで色々なことが起きているようです。

 寒いところチラシを受け取ってくださった方、カンパをくださった方ありがとう。

今日の空間線量は0.1前後でした。

 

 映画「首相官邸の前で」小熊英二監督 2月6日(土) 柏中央公民館 講堂

開場 午後1時半  上映 1時45分  時間厳守でお願いします。

参加費 300円  予約なしで当日おいでください。

上映後 トークシェアをします。どなたでも参加できます。

 

 

 

今年1回目のフライディ・アクション・IN 柏です。

2016年1月8日(金)第172回金曜日行動

あけましておめでとうございます

暖かなお正月でしたが、週末は寒くなるようです。いよいよ冬本番です。

今年も怪我などに注意して、粘り強く脱原発の行動を継続していきましょう。

ピンクのうさぎの着ぐるみが手を振ると、薄暗い中でも注目されていました。チラシ配りに署名活動、替え歌にコールとギター、オカリナといつものようににぎやかに始まりました。

参加者の発言から「最近、近所の空間線量を測った。最初は近隣センターに線量計を予約すると何日もかかかったが、今はすぐ借りられる。確かに線量は下がっているが、関心も薄くなったように思う」

 

「4月から電力の自由化が始まる。東電以外の電気も選べるようになる。ぜひ自然エネルギーの電気を選ぼう」(詳しくは「パワーシフト宣言」で検索を)

 

「お正月もそこそこに北朝鮮の核実験のニュースが流れ、また地球を汚したのかと怒りがこみ上げる」

 

「 今年は福島原発事故から5年目。でもまだ寒い仮設住宅でお正月を過ごされた方がいる。わすれないでいこう」

 

 

今日の空間線量はwデッキの机の上で0.1前後でした。下に降りてコンクリの上で測ったら、

 

0.3 。0.1 。 0.1以下 と まだらでした。(バスの通路です)

 

皆さんのご近所も測定してみてください。

 

 

映画「首相官邸の前で」2月6日(土)午後1時半 開場  柏中央公民館 講堂

 

参加費300円 当日受付でお支払いください。予約なしでも当日おいでください。

 

 

 

12月25日(金)第171回金曜日行動

本年最後の金曜日行動となります。

 今夜はクリスマス。そして行動が終わるころには満月も出てきました。

夕方は風も冷たく、家を出るには、「えいっ」と掛け声も必要になってきます。

でも、寒さはこれからが本番。皆さま風邪をひかないようにしましょう。

 今日もウサギサンタさんが、参加してくれ子どもたちに人気でした。気仙沼から避難してきた方も足を止めてくださいました。

 さて、今年は川内原発、伊方原発そして、高浜原発が再稼働へと進んでいきます。さらにインドへ原発輸出ができるようになり、日本は原発依存を高めようとしています。ドイツは福島原発事故により脱原発への道に進み、日本は事故がなかったかのように帰還だ、復興だと子供たちの健康を考えない行事などがみられます。

 

 来春より、電気が選べるようになります。「それって何?」ということで勉強をしていきます。また、ドキュメンタリー映画「首相官邸の前で」小熊英二監督 を上映予定しています。詳しくはのちほど。

今年もチラシを受けとってくださった方、カンパをしてくださった方、初参加の方、常連のように参加してくださった方、たくさんの方々のおかげで一年間行動できました。

 

 来年も脱原発を目指してこの運動は続きます。よいお年をお迎えください。

 

来年は1月8日からです。

今日の空間線量は0.104前後でした。(マイクロシーベルト)

 

 

12月18日(金)第170回金曜日行動

 今夜は南の空に上弦の月がきれいでした。本格的は冬まではもう一歩といったところで、金曜行動にはありがたいことでした。

 今夜はウサギサンタも参加してくれたので、子どもたちがめずらしそうに足を止めていました。初参加の男性は「今まで定期を買いたくなるほど東京の行動に参加しているが、柏であることを知りこちらに参加しました。私は長崎出身で同級生には被ばく2世がいて、白血病で亡くなっています。放射能は目に見えないから安心できない。4月から電気の自由化がはじまるので、東電以外の電気を選ぼう」

「原子力規制委員会のホームページを見たことがありますか?放射線モニタリング情報があり、定時降下物のモニタリングという項目があります。定時降下物とは放射能ですが今月2月はどこも高い数値を示しています。福島県の双葉郡ではセシウム134と137の合計が10700ベクレルです。近県も高いです。まだまだ安心できる毎日ではない。」

 その他コール、替え歌でにぎやかに終わりました。さて来週は今年最後です。25日クリスマスです。サンタのおじさん おばさん こどもたちに健康な未来を贈りましょう。参加お待ちしています。

 

 今日の最高空間線量は0.105前後でした。

 

 

12月11日(金)第169回金曜日行動

 今日は昼間暖かく夕方から少々冷え込んできました。

 相変わらず放射線量は下がらずにあります。微量ながらいまは症状は現れず身体にジワジワと蓄積されているのです。測定位置によって線量値も違い平均的に地表より10cm前後のところが一番高いようです。つまり乳幼児、ペットなどの活動位置にあたります。

 いまや”無用の長物”になった「もんじゅ」のために毎日多額の税金がつぎ込まれています。必要もない原発のためにも血税が使われています。

ジャンガの応援もあり替え歌ももりあがりました。

 ” 継続は力なり ”原発がなくならない限りこの活動は続きます。

 

12月4日(金)第168回金曜日行動

  日中の強い風も少し止んでホッとしました。前半は久しぶりに地域の労働組合の方々が宣伝行動を行いました。お互いに「生活を守るため行動を」とエールの交換。


 前半はプラカードと灯りをともしてのスタンディングとチラシの配布、後半にスピーチや歌を入れての行動となりました。

 「伊方原発再稼動ほんとにいいの。?」カラーのリーフレットも一緒に配布しました。目を引いたのか150枚用意したチラシは、ほとんど受け取ってもらえました。遠い九州、四国から再稼働が進められています。フクシマはなかったかのように。・・・・

「しかし何かあったら本当に日本はダメになってしまう。それでいいのか。?? !」ともう一度問いなおす時だと思います。

 原発を金儲けのために利用してきた利権集団に「原発NO!輸出もNO!!」の声をあげていきましょう。

 今日も向かい側でジャンべ(アフリカの伝統的な太鼓)をたたく青年がコールや歌に合わせて演奏してくれました。ありがとうございます。

  

11月27日(金)第167回金曜日行動

 もう今年もあと1ケ月少々で終わろうとしています。福島の事故から4年6ケ月が過ぎようとしてます。被災者の一部の方々はいまだに故郷へ帰ることができないでいます。また、小児甲状腺ガンの疑いのある児童も各地で多数みうけられるようになってきました。

 今日も寒風のふきすさぶ中、行動は進みました。

開始直前からカンパをしてくださった方ありがとうございました。手弁当で活動している我々にとって大変励みになっております。

 寒いなか悴む手で署名に記入してくださり我々の活動の意義(原発の危険性、後世まで引き継がれようとしている負の遺産等)について熱心に耳を傾け賛同していただけたことを感謝いたします。

 今日の空間線量は、最高値 0.112マイクロシーベルトでした。


 

第二のフクシマをつくるな。!!」をスローガンに抗議行動を進めていきましょう。誰のためでもない 自分のため・我が子、孫や知人。そのまた子孫のために。!! 

 

 112mai

11月20日(金)第166回金曜日行動

 昼間は暑いことがあっても、夕方は暗く寒いです。まだ、冬至には一か月もあります。みなさま風邪には注意しましょう。

 新しいコールも様になってきました。替え歌も「柏から世界へ この声をとどけようー 狭い地球にたった一つの原発もいらない」

「さあさ、みんなで声を上げよう 原発はだめでしょう。日本中に54基はいらないー」 ギターの伴奏がはいってにぎやかです。


 発言から「国破れて山河ありー城春にして草木深しという漢詩がありますが、昔は戦に敗れても、山河は残ったが、原発事故がおきたら、何も残らない。もう一度事故が起きたら、日本は破滅する。それは大人の責任。力をあわせてがんばろう。国民の声がどれだけ大きくなるのか今問われるとき」「柏市のエコー検査結果の中間発表の追加があった。199人中 B判定(結節、のう胞がある人)7人 C判定(二次検査が必要)11人合計18人に何らかの異常があったという。この数値どう見ますか?」


 「伊方原発再稼働ほんとうにいいの?」のリーフレットを配布しています。読んでみたい方声をかけてください。

 今日の空間線量は0.103前後でした。(ダブルデッキ2階床面から1m地点)

ダブルデッキ二階で最高0.136(床面)でした。これが一階 車両乗降場付近であればどんな数値になっているのか。・・・

雨上がりにはなぜか数値が跳ね上がります。

まだまだ汚染量は下がっていないことは周知の事実です。





11月13日(金)第165回金曜日行動

  立冬も過ぎましたが、昼間は暖かいです。週末は雨とか。

「もんじゅ」のことが話題になってきました。もんじゅの建設費は5886億円、運転に4339億円、合計1兆225億円。さらに毎年200億円の運営費がかかっています。今や世界では核燃料サイクルは破たんしています。もんじゅは毒性の高い放射性物質”プルトニウム”を使う原発で非常に危険です。さらに敷地内には活断層があると疑がわれています。安全を無視した核燃料サイクルは止めるべきです。一日も早く廃炉にして、運営費は他にまわすべきです。

また、柏市のホームページで「子どもの甲状腺超音波検査」の中間発表がありました。173人中B判定(のう胞、結節がみとめられる)6名、C判定(二次検査が必要)11人合計17人、これって多発?柏市ではおよそ7万人の子どもたちがいます。今回400人枠ですから0.6%しか検査できません。全員に検査を望みます。また、北茨城市は1割、日光市では6割が検査を受けています。子どもたちの健康を守ろう。

今日の金曜行動をツイキャスで実況中継されました。約70名ほどが見てくれたそうです。また、足を止めてくれた方が「若い人が発言したほうがいいよ」と「今日はあいにく欠席なの」と答えると、「思っていても時間がないからね」と話していきました。

この時間帯にに参加できる人は限られるかもしれないけれど、できることをできるところで発信していきましょう。


今日は0.114マイクロシーベルトでした。



11月6日(金)第164回金曜日行動

  月がかわってもう11月。暗さと寒さが増してきました。

でも今日も元気にスピーチ・コール・歌声でアピール!

チラシも11月号になりました

 スピーチの中心はやはり”再稼働”への怒りです。民意に聞く耳をもたないやり方は必然的に「アベ晋三は再稼働スルナ。!!」の声にへとつながります。

 今日は歌頭で太鼓を演奏している若者がコールの時に一緒にセッションをしてくれました。ありがとう !

 もう1つ スピーチでは、いまの政治のあり方にふれて「一人ひとりが自分の意思をしっかり表明していくことの大切さ」の訴えが多くなってきていることです。

その表現の場や考えるきっかけにこの金曜日行動がなっていくようにと願っています。

 個人で放射線量を測定し”線量の高いところは個人的に除染した”という方が話しかけてきて「苔があぶない、低地が心配。引き続き行政に取り組ませることが大事だ。」と教えてくださいました。

 今日の駅前は0.11マイクロシーベルトを示していました。

 

 この行動は”遅刻あり、早退あり”です。ご都合のつく時間でぜひ少しでも足をとめてください。今日はのべ25人ほどの参加者でした。

次週も寒さに負けず継続していきますよ。!!

 

 

10月30日(金)第163回金曜日行動

  金曜日の夕方の柏駅Wデッキは、若者たちが太鼓やギターで自己表現

をしています。今日は一時間ほどいつもの場所をゆずっていただきました。ありがとう。さて、もう10月もあと一日 早いですね。夕暮れも早くなって気ぜわしい季節です。


 新しいコールもだんだん様になってきました。替え歌も「原発再稼働進めていこうか。それとも原発なくしていこうか。自然エネルギー広げていこう・・・・」


 再稼働といえば愛媛県の中村知事、伊方町は伊方原発3号機の再稼働に同意しました。ここはMOX燃料を使います。さらに中央構造線の上にあります。地震が多くなっています。大丈夫でしょうか?住民の避難もままならないというのに、事故が起こらないように祈るしかないのでしょうか。福島原発事故では自衛隊員、消防隊員、警察官などが被ばくしています。何も知らされなかったので、無駄に被ばくした住民も多数います。


 福島県内の甲状腺がんの発生率が高いところと、低いところがあるそうです。高いところでは事故前の日本全体と比べ50倍の甲状腺がんが出ていると推計されています。経済と命( 健康)どちらが大切でしょうか?事故が起きたらだれが責任をとるというのでしょうか?

 今日の空間線量は0.111前後でした。(机の上) 地上は0.139前後。0.1から下がることはないですね。これから北風が吹きます。手洗いうがいに気を付けましょう。


次回は11月です。暖かい恰好でおいでください。

10月23日(金)第162回金曜日行動

今日も22-3名ぐらい集まりました。

 上弦の月がきれいですよ。日曜日は十三夜とか。でも夕方6時は暗くなりました。


風も冷たくなり、駅から降りる人も足早に通りすぎてゆきます。

 福島原発事故後に作業に従事した元作業員は白血病になり、労災が認定されました。今は再発の恐れがあり、本職の仕事に復帰できるかわからないといいます。これから、まだ長い廃炉作業が続き、まだ被爆する作業員は増えていくことでしょう。

 さらにいづれ日本中の原発は廃炉となるだろうから、その作業に携わる人や、お金は続くのだろうか。高濃度の放射性廃棄物のゆくえはどうなるのだろうか。いつまで先送りするつもりやら。

 替え歌の新曲ができました。なんと79曲目です。八代亜紀の恋の慕情で「安倍が忘れた福島を 事故の重さを覚えてるー」 川内原発再稼働に対する不安の声が多くでました。「福島原発事故を忘れない」「火山活動が盛んなのに」「自然エネルギーにシフトを」

 今日の空間線量は0.108マイクロシーベルト。地上は0.135-0.211マイクロシーベルトでした。


10月16日(金)第161回金曜日行動

 ここ数日の秋晴れがうってかわっての雨模様の寒い日となりました。体調をこわされた方も。・・・・お気をつけてくださいね。

 というわけで通路側をお借りしての行動です。

先週から新しい”コール” 「原発」・「ハイロ!」と呼びかけに応えるパターンもだいぶ様になってきました。

  「政治と関わっての生活がある。政治にしっかり目を向け、声をあげていきましょう。」との訴え。そしてそれに応えるように「アメリカのピルグラム原発が周辺住民の廃炉を求める運動が実を結び、2019年6月までに閉鎖になった。」との発言がありました。

 私達もあきらめることなく政治に対して意見表明を続けます。

 段々と季節も変わり暗くなるのが早くなってきました。足元に気をつけ寒さ対策もしっかりと。来週もがんばりましょう。!!!



10月9日(金)第160回金曜日行動

反原発フライデーアクションin柏、160回目始まりました。

 菊が咲き始め本格的な秋が来ました。紅葉のたよりも聞こえます。


お隣の常総市では、1か月たってもまだ被害の見当もつかず、復旧もまだのようです。ひとたびことが起こればその爪痕は長引くようです。

 さて、楢葉町は避難解除されましたが、帰還した人は1割未満で再生は険しいとのことです。楢葉町と東大は放射性物質汚染の測定や除染などで連帯・協力する協定を結んでいるので、営農が再開されたら農作物に対してのイメージアップと消費拡大に向けて、学内での利用と促進の呼びかけを依頼したといいます。大丈夫でしょうか?

 今日は取手で金曜行動をしている方が参加してくださいました。各地で根強く行動は続いています。

新しいコールができました。「I Say 原発 You Say 廃炉  I Say 福島You Say 返せ I Say 環境 You Say 守れ・・・」

 ノーベル文学賞にベラルーシの作家 アレクシエービッチ氏が受賞しました。彼女はチェルノブイリ事故に遭遇した人々の聞き取りをして「チェルノブイリの祈り」を出しました。福島原発事故にも

関心を寄せ「チェルノブイリに続く2回目の原子力の教訓が、技術の発達した国で起きています。これは日本だけでなく、人類全体にとっての悲劇です」と。

 今日の空間線量は0.103-0.124(机の上) やはり地上は0.136-0.145と高いです。コンクリの上は一度ついたら消えにくいのでしょうか。


10月2日(金)第159回金曜日行動

  久しぶりに雨のない金曜行動となりました。それにしても「爆弾低気圧」「超大型台風」「ゲリラ豪雨」「線上降雨帯」等々 新しい気象用語がでてきますね。

 この雨でまた汚染水は増えたでしょうし、地下水がバイパスから流された量は1875トン(9月1日)。いつまで海に流すつもりなのでしょう。

 米海軍横須賀基地に配備されていた原子力空母「ジョージ・ワシントン」が「ロナルド・レーガン」に交代しました。レーガンは福島原発のあと、日本近海にいたため「トモダチ作戦」で支援物資を輸送したのです。乗組員は被ばくして健康を害してたため、250人が米国で東電を相手に裁判を起こしました。レーガンは横須賀駅の1・3キロのところにいます。大地震が直撃すれば空母も安全ではありません。「首都圏の原子炉」といわれて反対集会がおきています。

 今日の行動で声をあげては後半30分でしたが、このところ若者が参加してくれて、コールの声も元気になりました。若い人の参加はうれしいですね。戦争法案廃止で、シールズの若者たちが全国で声を上げたのは、国会や全国の金曜行動がベースになっていたからでしょう。そして、個人が声を上げるということが当たり前になってきました。

どうぞこちらにも気軽に参加してください。


替え歌「原発は再稼働させない だから歩いてゆくんだよ 一日一歩 三日で三歩・・・」(365歩のマーチ)

「あべさんはやることが あべこべです」「環境守れ 子供を守れ 東京電力責任果たせ」

 今日の空間線量は0.119マイクロシーベルト(1メートルの机の上)

その他Wデッキの上 0.130  0.150 0.176 0.179 と隅のほうは高いですね。



 夕方は風も冷たくなっていました。一枚羽織っておいでください。


9月25日(金)第158回金曜日行動

 今日も雨、それもかなり激しく。・・・

そんなわけで屋根下での行動となりました。

いつもの屋根下が使えずビックカメラ側にぐんと寄ったところで。

わかりにくかったかなとも思うもののエスカレーターご利用の方々は、ふり返ってくださったりしてスピーチ、コール、歌で宣伝をしました。

 川内原発の2号機再稼働の動きへの怒り、福島第一原発汚染水の海への放出への懸念。そしてこの間の安倍政権の”私達とかけ離れた国会の進め方”についてとスピーチが続きました、

 ”原発の再稼働も沖縄の基地問題も安保法制(戦争法)”もなぜにこうも民意無視がつづくのかという怒りです。

 今日参加した若者がその怒りをコールに「国民なめんな!」とのコールも飛び出しました。

 雨にも台風にも負けず続く抗議行動 官邸前と連帯して来週も続きます、今日の放射線量は0.09~0.1マイクロシーベルトをいったりきたりでした。

.

9月18日(金)第157回金曜日行動

  雨が続く中なので今日も屋根下での行動となりました。

川内原発が9月10日から営業運転にはいりました。あいかわらず九州では火山の活動が活発です。そんな中避難計画も十分でないのにこのまま再稼働・・・・ 心配がつのります。


 福島では今回の大雨で汚染水もれが続き、あの飯舘村では放射性廃棄物をいれた袋が大量に流出。そのうち150袋以上の中身が流されてしまったとか。・・・

回収作業に追われる労働者も大変です。何より村民の怒り悲しみはいかばかりでしょう。


 そして大問題の戦争法案についても話が及び、どちらも国民の意見に耳を傾けない政府の姿勢に声をあげようと訴えました。

 毎回170枚用意しているチラシは行動半ば過ぎにはなくなり、署名にもすすんで足を向けてくださる方々が。・・・


9月22日は、首都圏反原発連合主催の再稼働反対行動があります。

正午から日比谷公会堂でのプレイヴェント 3:30からは官邸前や国会正門前での抗議行動があります。

 ご一緒しませんか。??


9月11日(金)第156回金曜日行動

  雨すごかったですね。被害はありませんでしたか?

50年ぶりとか、この頃想定外のことがおきますね。
 この雨で飯館村の河川が氾濫し、除染してでた放射線廃棄物をいれた フレコンバックが流されたそうです。重さ約200-300キロ、通常は1トンだそうですから、軽いといいますが、回収したのは30袋で、どのくらい流失したかわからないそうです。
 またこの雨で山に積もっていた放射能はどのくらい流れでたのでしょうか。福島第一原発では汚染水が流失しています。1時間当たり14ミリの雨が降れば海に流れでるそうです。これで6回目です。原発事故の原因も責任もうやむやのまま、川内原発を再稼働させるなんてどうよ。交通事故だって、現場検証するのに、原発は現場検証もできない。それほど危険なところなのです。
 今日の発言から「2年前に楢葉町に行ったが、畑や田んぼに黒いフレコンバックが並んでいた。袋は破れていた。
住民7300人のうち帰還する人は1割にもみたない」
「9月5日に楢葉町にいってきた。役場は0.2だが第二原発近くの脇道は0.1から0.5、0.8、1.0と上がっていった。人はいないが、ダンプと空の観光バスが走っていた。帰還を促し、保障が打ち切られようとしている」
「常磐道が開通したが、バイクのような屋根のない車は走れない。窓を開けないでと注意がある」

「明日から映画(天空の蜂)が劇場公開される。東野圭吾原作 自衛隊のヘリコプターが遠隔操作され原発の上で静止する・・・・」

9月6日集会IN千葉 「 放射性廃棄物処分設置を止めろ 」 集会は雨の中200人が集まり交流 パレードをしました。
当連合も参加しました。
今日の空間線量は0.128-0.135 いつもより高い数値でした。(最高値はコンクリート面で0.152マイクロシーベルトでした。スケートボード禁止の掲示物が貼ってある周囲です。)

9月4日(金)第155回金曜日行動

やっぱり青空はいいですね。雨と涼しさのせいか彼岸花の芽が伸びてきました。いつもより早いですね。
 発言の中には「8月30日国会に行った。身動きが取れないくらいの人が集まった。ほとんど個人の集まりだった」「柏でも500人の人が集まり、戦争法案反対の声を上げた」等々の報告がありました。
 川内原発が再稼働してしまったので、反対の声を上げても無理よと思わないでください。「だめなものはだめです」と声をあげましょう。そうでないと「茶色の朝」ウランクバウロク 大月書店 のようになります。

「ある日、茶色以外のペットは始末するという法律ができた。俺は妙な気がしたが法律にしたがっていく・・・」私たちの中にある怠慢や無関心がフャシズムや全体主義を成立させる要因だといいます。
 無関心が命を脅かしていきます。福島の子供たちの小児甲状腺がんが137人になりました。これは多発だそうです。
北茨城市でも3593人中3人、日光市でもC判定が3名といいます。
 楢葉町が避難解除になりますが、水道水源のダムの底には1キロ当たり1万ベクレル超の放射線セシウムが沈殿しています。
そんな水飲めますか?でも高木副経済産業相は「放射線を安心かと思うかは心の問題」と発言しています。それなら国会を楢葉町に持っていったら?

 今日の空間線量は0.115マイクロシーベルトでした。この長雨で体調を崩しませんように。来週も元気で。


 

8月28日(金)第154回金曜日行動

(抗議行動3周年になります。)

 最近、急に涼しくなりました。あの暑さはどこにいってしまぅたのでしょうか。
今日もいつ雨が降ってきてもおかしくない天気でした。でも幸いに金曜行動中は雨も降らず、3周年を応援してくれるようでした。
 今回は新聞取材もなかったので、もうひとつアピールが足りなかったのかとおもいますが、各方面の皆様の参加がありました。ギター、オカリナ、ハーモニカも加わりにぎやかに歌、コールがひろがりました。
 いつも好評な替え歌「安倍 安倍 やめてよ 再稼働 原発なくても大丈夫 原発なくしてランランラン ・・・」(あめふり)
「安倍が辞めたら お別れなのね 原発再稼働 水に流して・・・」(雨が止んだら)等々もう80曲近くあるそうです。この続きを聞きたい方はおいでください。
 「さよなら原発 」の署名のほか、最近「戦争法案反対」の署名が加わったので、若い方々が積極的に参加してくださいますが、気になることがあります。「住所をわすれた」という人がいます。むやみに住所をださないようにといわれているのでしょうか。これからは署名はやりにくくなるのでしょうか。
 川内原発が再稼働しました。でもすぐに復水器にトラブルが発生して、4年も動かしていない原発を再稼働させるリスクが見えてきました。なぜそんなに急ぐ再稼働。日本の原発が動かないということはウラン燃料会社がこまっています。柏崎刈谷原発2-4号機は世界最大の出力を誇っています。ということは世界で一番ウランを消費するということです。それが8年も動いていないのです。
アメリカのウラン濃縮会社ユーゼックは去年破たんしました。そこに出資していたのが東芝です。 三菱もアメリカで訴えられています。再稼働は瀕死の原子力産業を生き延びさせる最後の一手です。

 8月30日 (日) 国会周辺で午後2時より 総がかり行動があります。柏駅東口 Wデッキでもやります。夕方5時半より6時半です。あきらめず声をあげよう。 いまや 安倍政権にNOといえるのは庶民だけです。


 今日の空間線量は0.085マイクロシーベルトでした。

8月21日(金)第153回金曜日行動

 さすがにお盆が過ぎると、少し涼しくなりましたね。スーパーでもスイカから梨にかわってきました。去年、「原発はなしよー」と梨を掲げました。あれから一年です。そして、来週は3周年です。皆さまどうぞ気軽に参加してください。 先週、今週と新しい参加者がありました。鳴子をならし、一緒にコールの声をあげました。「たまに国会に行くんです。音楽や個人の発言があるのですね」と話していました。
 今日の発言から「原発なくても電気は足りてる。なのに川内原発は再稼働させるのか。」「ママ、パパ。ばあば、じいじ。あの日 あの時 戦争反対と叫んでくれてありがとう」
 川内原発が再稼働された。元東芝の後藤政志さんが、「川内原発は4年4か月止まっていた。止まっていたものを動かすときは、緊張がある。止まっていたものを動かすには注意が必要。スリーマイル島事故は点検の時に給水ポンプのバブルを開け忘れたからだ。運転をして初めて欠陥が出ることが怖い。潜在的な欠陥が顕著化する。それが事故である。3年以上とまっていた原発を動かした例は7例。それがすべて事故が起きている。 水がたまっていたところが 腐食しているかも。検査をしてもすべてできない」と話しています。
そして、21日 川内原発は配管から海水が混入したという。このトラブルで工程が延期される。
 まさに後藤さんが予想した通りになっている。ほんとにこのままでいいの?事故がおきてからでは遅い。
 署名 カンパありがとうございました。戦争法案反対の署名に若い方々が「戦争なんて嫌だよ」といいながら署名していました。
 今日は0.098マイクロシーベルトでした。 では 来週 お会いしましょう。

8月14日(金)第152回金曜日行動

   今日は柏市議選も終わったので、いつもの場所で、いつもの時間に始まりました。でも終わりのころ、ぽつぽつと雨かなと思ったら、ザーザーの大雨になり、雷も聞こえてきました。どなた様も無事に家に帰れましたでしょうか。
 川内原発が再稼働して、それに対する疑問、批判の発言が多数ありました。この暑さでも九州電力の電力供給は80パーセント台で、安定供給されていました。それなのになぜ再稼働を急ぐのか。福島原発事故の教訓は生かされないのか。 福島ではまだ11万人が避難生活をしています。でも国は何万人もの人が、何年も避難生活をすることを想定していません。 お隣の東海第二原発でも避難対象の96万人のうち52万人が向かう県外の避難場所が決まっていないという。東海村村長は「真面目に検討すればするほど、避難計画など作れるはずがないとわかる」と話しています。もしもあなたの隣に何万人もの人が人が避難して来たら、どうしますか? 川内原発でも火山対策、避難計画は十分ではありません。 原発依存率75パーセントのフランスでも2025年までに、50パーセントに下げると、国民議会で可決されました。日本では事故が起きても原発回帰に戻るのは首をかしげるどころではありません。 今回も再稼働 反対 賛成の シール投票をしました。反対よと声をかけてくださるかた、小さな子供をつれた家族など みなさまご協力ありがとうございます。
 今若者が「SEALDs」シールズ  巣鴨で60-70代が「OLDs」オールズ 30-60代が「MIDDLEs」ミドルズと 各世代それぞれの場所で声をあげています。「驕れる平家も久しからず」と安倍政権もいつまでも続きません。明日は柏駅東口で10時30分から1時間 戦争反対の行動をします。どうぞお集まりください。
 今日の空間線量は0.101前後でした。

8月7日(金)第151回金曜日行動

毎日猛暑日が続きます。いかがお過ごしですか?

毎日冷房を使うのが当たり前の生活になってきましたが、それでも原発の電気は使っていなかったのに、川内原発が再稼動されようとしています。「そんなにいそいでどこへゆく」 かつて「アベノミクス」がもてはやされましたが、いまはどうなのよ。
 今日はWデッキのうえは 柏市の市議選のため候補者にゆづり、そごうに近いところでやりました。場所が違うと行き交う人も違うよです。
 7日は、6日の広島原爆の日、9日の長崎原爆の日の間なので、歌を多く歌い、また、再稼動について賛成か反対かのシール投票をしました。「シール投票をしています。ご協力をとよびかけても 」反応はいまひとつでした。シールを貼る時間もおしいのか、「すみません」と通りすぎる人もいて、あやまることないのに。それとも 賛成 反対を意思表示することもできないというのでしょうか。次回も引き続きおこないます。

 今日の国会中継を聞いていたら、新国立競技場を計画したのは民主党時代で、自民党が白紙に戻したのだといっていた。ここでも責任をとる人もなく、何十億円というお金が消えていく。

 責任問題というと、東京第五検察審議会は東電元会長ら3名を強制起訴することに決めました。

原発事故を起こして、これからも続く最大の公害の基である原発、その責任が司法の場で判断されることになりました。これから注目していきましょう。
 発言には リニアの問題 汚染水について などありました。

 さて次回は14日です。お盆でもありますが、金曜行動はおこないます。そして、28日は3周年になります。多くの方々に集まっていただき「さよなら原発」の行動をしたいと思います。

今日の線量計は0.105マイクロシ-ベルトでした。

 

7月31日(金)第150回金曜日行動

毎日暑いですね。それでも夕暮れが早くなってきました。行動が終わる7時ごろには薄ぐらくなって、季節はめぐっています。もう7月も終わりです。
 このところ毎日猛暑日ですが、冷房を使わないと命の危険も感じられます。それでも原発は動いていないのです。それなのになぜ再稼動をいそぐのか。まだ住民説明も避難計画もずさんだというのに。

 最近若者が進んで署名に参加してくれます。一人は福島から来たと話してくれました。用意したチラシも早々になくなり関心は広がっているのでしょうか。ただ一つ気になるのは子育て中の方々の参加が少ないことです。ネットでは「ママの会」などの動きがあるようですが、柏ではこの時間帯は気ぜわしい時で足を止めている余裕がないのでしょうか。気軽に声をかけてくれればと思います。

 発言から
「東京第五検察審査会は福島原発事故で東電の元会長 勝俣恒久ら3人を強制起訴した。これで事故の責任が刑事裁判される。朗報である。これからの他の裁判にも影響するだろう」
「福島第一原発からもれる汚染水を直接うみに流すサブトレイン計画を地元漁協 福島県漁協は容認しているが、海はつながっているし、魚は泳いでいる。子どもたちに安全な海をのこそう」

 今日の線量計は0.129と高い数値を示していた。建屋カバーをはずしているからなのか。

 さて来週は広島 長崎と原爆が落とされた日のあいだです。
それに関連した行動をします。また 28日は行動3周年になります。めでたくもあり めでたくもなし ですが、どうか沢山の人が集まって「さよなら原発 」の行動をしましょう。

 日本全体ではプルトニウム約48トンあり、それは原爆6000発にあたります。 

7月24日(金)第149回金曜日行動

 夕方、雷とバケツをひっくりかえしたような大雨でした。

出かけるにはどうかなと、ネットで天気を調べると、6時ごろには雨雲は通り過ぎるようでした。ほんとにその通り。すごいね。雨は上がりました。

 

 今日は署名に若い方が多く参加してくれました。若者はやはり戦争法案が気にかかると話していました。男の子が近づいてきて、「ぼくにもできますか?」と聞いてきました。「もちろんこれからのことだから、署名してください」と言って、話を聞くと戦争法案のことも勉強していて、すごいぞ小学生。!!

一番切実な世代になるのだから、君の勇気をつなげます。

 もちろんシニア世代は安倍政権に怒りをぶちまけて署名していきます。それからスペインからきた人が「がんばってください。日本では外国人はサインできない。おかしいです」と話していました。

 

 今日の発言は「川内原発は避難計画も出来ていないのに再稼動はおかしい」「汚染水はどうなっている。この雨でどんどん海に流れている。凍土壁はどうなっている」等々 今日も疑問 批判がでました。

 今夜は日比谷野音で集会そして、首相官邸包囲があります。集会が終わってから駆けつける人もいました。 戦争法案廃案も原発再稼動反対も辺野古の埋め立て反対もTPPもその他一丸となって、安倍政権にNOを突きつけています。

 さて、連日猛暑日がつづきます。どうか熱中症にならないように気をつけてください。

今日の空間線量は0.10前後でした。

では、また来週。 

7月17日(金)第148回金曜日行動

  今日は午後から晴れだしたので、蒸し暑い夕方でした。Wデッキの上は風が通り抜けますがこんな時は、空間線量が0.120マイクロシーベルトと高い数値を示していました。

 先日、国会議事堂に行ってきました。この日は統一行動がないときでしたが、いてもたってもいられないという人たちが集まっていました。今 シールズという若者達が自由で民主的な国を守るためにアクションをおこしています。 その影響か今日は若者達が署名、発言に参加してくれました。「ぼくは戦争をしたくない。
平和な下で音楽や芸術をやりたい。だから戦争に反対する」若者達声をあげよう。
 
 この雨で福島第一原発の汚染水が海に流れ出ていると東京電力は発表しました。放射性物質は、ベータ線を出す物質で1リットルあたり1100ベクレルという。 これでもコントロールされているというのか。今原発は動いていないが、何の不都合も
ないはずだが、2030年度電源構成は原発が2割と経産省は決定しました。
 自民党の額賀氏は「原発は最も安い電源で、日本に必要だ」と話してします。「えっ?」まだ安全神話から抜け出せない人がいるなんて。 

  あきらめないで声をあげよう。来週も集まろう。

7月10日(金)第147回金曜日行動

今日は久しぶりに雨も上がり、晴れの金曜行動になりましたが、日本の上空には黒雲がただよっています。 
 川内原発は「粛々と」再稼動に向かっています。安保法案、新国立競技場のふくらむ総工費。ギリシャのことを笑っていられない。
本当に大丈夫? チェルノブイリ事故のときだって、日本の原発は安全だといわれたが、福島で事故はおきてしまいました。
 今日の 発言にも疑問 批判が多数でました。
 
 こんな世の中を反映してか、署名 カンパに協力してくださる
方が シニア世代から 20台の若者までいました。
「国会にいってきたの」「福島にカンパしたけれど、そのお金ちゃんとみなさんにいったのかしら。報道もされないけれどどうなっているの」「もっと前に出て署名してと、声をださないとみんな通りすぎていくわよ」とアドバイスをしてくださる方など皆さん話をされていきます。
 
 さて来週は台風の行方が気になりますが、雨が降っても金曜行動はいつも通りです。「雨にも負けず 風にも負けず 」 週末は暑くなりそうです。皆様ご自愛ください。
 空間線量は 0.09前後でした。
 

7月3日(金)第146回金曜日行動

  今週も雨の中での行動でした。柏は千葉市のような大雨ではなく通路側を使っていつものように”ちらし配布、書名協力”を訴えました。傘をさして丸井へ向かう人やSOGOへ向かう人にちらしを配布してくださる参加者の方。エスカレーター近くで又は駅から出てくる人へちらしを配布してくださる人たちの協力で今回も用意したちらしをお渡しすることができました。

 今日は通りがかった人が飛び込みでちらし配布に参加してくださったり、流山と松戸から初参加の方がいらしてくださったりしました。川内原発の再稼動がこの夏にもといわれている中で参加者が増えるのはとても嬉しいことです。

 署名にもすすんで話しかけて協力してくれる方達が多かったです。カンパも寄せてくださった方が「TVで、これッダメ!というのをやっているから”再稼動 ダメ!!”というボードを、”再稼動 これダメ!!”」にしたら。・・・と声をかけてくださいました。

 よく見てくださっているのですね。さまざまに工夫を加えていきたいと思いました。

今日の線量計は0.9マイクロシーベルトを示していました。


6月26日(金)第145回金曜日行動

 今日は午後から雨・・・。やっぱり梅雨です。夏至もすぎてこれから日暮れもはやまってきます。なんだか寂しいです。でも、 雨にも負けず、皆さんかけつけ、歌声王子も美声を聞かせてくれました。
 
 今日の発言から「汚染水については報道が少なくなったが、汚染水がなくなったわけではない。決してアンダーコントロールされているわけでもない。 政府と東京電力は2016年までに汚染水を減らす計画をたてた。1日あたり300トンの地下水が建屋に流れ、汚染水が増える原因となっている。しかし、
元は山をけずって、建屋を建てたのだから水が流れるようになっているのである。
 そこで、増田尚宏プレジデントは増える汚染水を減らすには、
海に排水させていただく必要があると話した。えっ?凍土壁はどうなったの。凍っていないの? だまされないよ」
 そのほかにも「無関心でいないで考えよう」「川内原発再稼動反対」などなど。
 
 雨の日は通行人と署名簿が近いせいか、署名に強力してくださる方が多いです。ありがとうございます。若い女性は実家が浜岡原発10キロ圏内だと話してくれました。
 事故がおこったら帰れないと。いつも話しに立ち寄ってくださるかたなどいらして話が弾みます。
 
 雨と風がある日は空間線量が高いようです。0.108 マイクロシーベルト。みなさん気をつけましょう。
 
 

6月19日(金)第144回金曜日行動

今日は一日雨、夕方になっても雨やまず。雨の行動となりました。
でも雨ぐらいなんだ。瀬戸内寂聴さん(93)は車椅子で京都から国会前にこられて、「戦争にいい戦争はない。すべて人殺しです。
今日は死んでも構わないと思って 、命がけできた」と話されました。
 
 さて、今日は貴重な証言がありました。
「私の母は広島駅で被ばくした。偶然隙間にとばされて命が助かった。とても強い人であった。結婚して8年後に兄が生まれた。4年後に私が生まれた。放射能の影響かわからないが、母と兄は難病で亡くなった。 父は海軍で戦争に参加した。兄は「どうして戦争に反対しなかったのか」父は「反対したら一族郎党迷惑がかかる。戦争は気がついたときには始まっていた。軍隊は殴るなんて日常茶飯事で、兵隊の命なんて考えていなかった」と、二人は口論
していた。戦争も核も原発もいけない。」
 
 憲法学者が違憲としている「安保関連法案」をごり押ししようとしている安倍首相に対する発言や替え歌などアピールがありました。 署名してくださった方が、「自民党政権になるとこんな時代になると選挙の時、言うことはできないのだろうか」「こんな時代になって署名ぐらいでどうにかなるかしら」
と話されていました。
 
 映画「日本と原発」においでくださりありがとうございました。無事終わることができました。
アンケート結果、感想など随時発表していきます。原発事故のこと忘れないで波紋を広げてゆきましょう。
 
今日の空間線量は0.1前後でした。
 
 

6月12日(金)第143回金曜日行動

   いよいよ入梅です。沖縄はもう梅雨明けとか。今日も雨でしたが、夕方になると上がったのでいつもの場所でできました。前半は某企業の
アピールがあったので、後半30分が声をあげての行動になりました。
 最近、署名 カンパに協力してくださる人が多くなりました。やはり原発に不安や危機感を持っている人が行動をおこしているのでしょうか。それぞれできるところで できることをはじめましょう。きっと波紋は広がっていくでしょう。
 
 映画「日本と原発」の監督 河合弘之弁護士が 原発事故がおきたら、今の生活はできない。宗教の違いや TPP賛成 反対などもろもろの考えが違っても「 原発はいらない 」というところで一致し、つながっていかないと運動は先細りしていく というお話でした。また、この映画は3回見ないと理解できないとも。
 その映画を14日 柏で上映します。当日券も まだあります。どうぞお時間をつくり ご覧ください。
 
 「福島第一原発の廃炉工程見直しが発表されたが、作業が困難なことがわかった」「安保保障法制 派遣法 」に対する意見がでました。
 
今日の空間線量は0.13 マイクロシーベルト。いつもより高いです。
 

6月5日(金)第142回金曜日行動

 今日はあいにくの雨、少し肌寒い夕方でした。いつもの反対側での行動でしたので、そばをどんどん通行人はすぎてゆきますが、署名に足を止めてくれる人が 多かったようです。学校帰りの女子高生が立ち止まったので、「1000万人の署名です。大江健三郎さんや落合恵子さんがやっているの」というとわからなそうでしたので、「坂本隆一さんも」というと笑顔になり署名してくれました。若い人には若い人がアピールしていかないと。

 後半ギターもそろい、替え歌の新曲「恋の季節」(ピンキーとキラーズ)の発表がありました。最近「歌声王子」がデビューしたので、素敵な美声を聞きにおいでください。

 

 今日の発言には、「憲法学者3人が集団的自衛権を行使可能にする新たな安全保障法案について、全員が憲法違反としたことに対して阿部政権に不安、疑問を投げかける意見が多かったです。」

「 再稼動反対と声をあげよう。そして声を集結しよう。」

「最近、地震 火山活動が活発だが、鹿児島の川内原発が再稼動しようとしているけれど、160キロ圏内には14火山もあるがどうなの?」

 

 雨にもめげず最後は沢山の人が集まりました。来週はいよいよ梅雨です、体調管理にはお気をつけください。

 今日の空間線量は 0.1前後でした。(マイクロシーベルト)

 


5月29日(金)第141回金曜日行動

 毎日、カラカラ天気が 続いてきましたが、やっとおしめりがきたと思ったら今日は金曜日。でも夕方6時から7時前後は一休みしてくれました。夕方は少し肌寒いくらいで、明日はまた暑くなりそう

です。どなた様も体調管理には、お気をつけてください。

  今朝口伊良部島が噴火しました。直前に有感地震などの兆候はなかったそうです。川内原発1号機は7月下旬に、2号機は9月下旬に再稼動するというがこのところ地震、火山噴火が続いているときにはたして大丈夫なのだろうか。避難はパニックなくできるのだろうか という発言がありました。

 

 核不拡散条約再検討会議の決裂は本当に残念なことでした。人類はここで本気で核をとめないと大変なことになると思うが、どう思われますか?

 今、東京都美術館で「大英博物館展ー100のモノが語る世界の歴史」をやっています。世界最古の土器、縄文土器もあります。それにしても英国はよくも世界中から集めたものだと感心します。97番目に 銃器で作られた「母」像があります。そして、101番目にはなにを考えますか?との問いがあります。私は原発だと思います。これが爆発したら人類はどうなるでしょうか。核のごみはだれが管理、処分するのでしょうか。あなたは何を選びますか?都美術館は紙間ー紙の避難用間仕切りを提案しています。

 (6月28日までやっています。)

 

 今日の空間線量は0.1前後でした。

 映画「日本と原発」6月14日に上映します。チケットお早めにどうぞ。

 

   

5月22日(金)第140回金曜日行動

 今日は風が強かったせいか雲がなく、西の空に三日月が

でていました。署名 カンパ 激励の言葉をかけてくださる方々、ありがとう。うれしい限りです。

「私は第五福竜丸の事件をきっかけに水爆実験のこと、放射能のことに関心をもつようになった。みんな関心がなさすぎる」と

女性が声をかけて 通り過ぎてゆきました。

 小学生が足を止めると、そのお母さんも話を聞いてくださり、署名にも協力してくださいました。

今日の発言から、「今日 松戸と流山の境の富士川で県と松戸市、流山市の担当者と近所の市民とでの放射能を測定した。地上5センチのところで、1.2マイクロシーベルトあった。県と松戸市 柏市では除染基準が違う。

東電 国は事故原因究明をしてから再稼動すべきだ」

「千葉県いすみ市では 太陽光発電のパネルの下で、ブルーベリーを作っている。エネルギーの地産地消をして地域の活性化をはかっている。原発がなくても大丈夫ということを証明していこう」

「お金より命や安全が大切。でも思っているだけでは世の中変わらない。避難している人や困っている人のことを考え続けよう」

 

 6月14日(日) 映画「日本と原発」の上映があります。監督は3回見ないと理解できないといっています。たしかに1度見ただけでは見た。というだけです。他の人に原発の怖さを説明するには不十分です。どうぞご覧ください。

 今日は0.113マイクロシーベルトでした。


5月15日(金)第139回金曜日行動

 本当に明るくなりましたね。

6時すぎから40分近くまで張り出した映画のポスターも見てもらえる明るさです。しかも今日の駅前はとても賑やかでした。若者たちの演奏あり、大きなかたまりになって待ち合わせる若者たちのグループあり、この若者たちに原発がいま1基も動いていないことや放射性廃棄物の危険性、地震国での原発の危険性をしっかり受け止めてもらえるように伝えるには、どうしたらよいのでしょう。

もっともっと工夫した取り組みをしなければと思う事しきりでした。

 安倍首相の昨日の「戦争法案ではなく平和安全法案です。」との閣議決定の”ごまかし発言”に批判の発言がありました。

本当に民主主義が危ないと思います。「政治家は私たちの意見の代弁者であるはずなのに。」という意見も対話の中で寄せられました。

 「あさって17日のッピースパレードに行きますよ。」の声も

一人ひとりがしっかり意思表明していくことが、いま本当に必要ですよね。

 今日はカンパも「小銭を全部いれっちゃったよ。」という人をはじめとしてたくさんよせていただきました。ありがとうございました。

今日の放射線量は0.1マイクロシーベルト前後でした。



5月8日(金)第138回金曜日行動

 ゴールデンウィーク も終わり、つつじも新緑も美しく

過ごしやすい時期です。新しい生活にも慣れ、余裕が出てきたのかチラシを受け取る人も多く、あっというまになくなりました。

 また、若い人が足をとめ、発言を聞いてくれたり、署名をして

くれました。最年少は小学6年生、何をしているのか見に来たというが、「原発のこと学校やおうちで勉強している?」と聞くと、「うん」とうなずきました。こどもたちが安心して暮らせる社会でありたいですね。

「原発がなかったら電気がなくなんるんじゃないの?」と若者が来ました。「今は原発が動いていないんだよ」と説明すると、「えっ?そんなことNHKテレビでいっていないよ」と驚いていました。

「このごろテレビも新聞も原発のこと報道しないからね」

「それじゃどうして反対しているの?」

「原発事故が起きたのにまた、再稼動しようとしているから」

 そうか、若者はネットで調べる子はどんどん情報を得るけれど、関心を寄せないと報道はされないから何もしらない若者がでてくるのか。情報格差がでてきているのです。

「日頃、一円でも安いものをさがしているのだから、原発はお金が掛かるといえば足を止めるのでは」とご意見もありました。

足を止め、関心を持ってもらえるようにアピールしていきたいものです。なにかよいご意見ありましたら教えてください。

 

今日の空間線量は0.108マイクロシーベルト前後でした。


5月1日(金)第137回金曜日行動

 5月に入りました。青空にひるがえるこいのぼりはいいですね。

福島県大熊町の全町避難の自宅にこいのぼりを揚げた方がいる。「孫を抱いて、ここで見せたかった・・・・」と。

 5月3日に柏では、アーサー・ビナードさん、我孫子では河合弘之さん、松戸では渡辺冶さんの講演会があります。残念なことに時間がかさなりどれか一つしか参加できませんが、どうぞご参加を。

 

 6月14日〔日) 柏市中央公民館 5階講堂

「日本と原発」の映画上映をします。 上映協力費 500円

 午前の部 10時ー  午後の部 2時  です。

準備が整い次第 チラシ配布します。 予定を入れておいてください。

 

発言より「手賀沼近くに置いてあってたフレコンバックに入った高濃度汚染物質が各市に引取りをされたが、本当にその後は汚染されていないのか住民が立ち入り測定をした。 測定結果は0.04マイクロシーベルトと汚染は認められなかった。ここは公園になる予定という。また、柏市でも甲状腺検査の助成金が認められた」

 

5日はこどもの日です。子供達が走り回る姿はうれしいものです。

内部被ばくの心配がない安心して暮れせる街にしたいものです。

今日の空間線量は0.115前後でした。(マイクロシーベルト)

 

4月24日(金)第136回金曜日行動

 昼間は初夏のような陽気でしたが、夕方は風が強く肌寒くなりました。久しぶりの晴れの金曜です。

 今夜はなぜかリクルートファッションの若者達がどっと駅からでてきました。新入社員のみなさん元気にやっていますか?その中の一人が署名に協力してくれました。ありがとう。未来が輝かしいものでありますように。

 

 高浜原発は運転差し止めを求めた仮処分が認められたのに対し、

川内原発は却下されました。どうしてこんなに違う判断がされたのか。却下されたからといって、安全が保障されたわけではない。

火山学者は破局的噴火を指摘している。やってみなければわからないのならどこに基準を置くかだ。

 

 今日は風が強かったせいか、空間放射線量は0.123マイクロシーベルトと高いときがありました。

池袋の公園で500 マイクロシーベルトと高い値がでたというが、測るということは大切である。柏では近隣センターで線量計を無料で貸してくれるので、家の周りを測ってみよう。


4月17日(金)第135回金曜日行動

 今日も行動を始める前に柏駅周辺は雷が鳴り大雨となりました。
行動ができるか心配でしたが6:00には雨足も弱まり時間通り開始
2週間ぶりに「原発なくたって」の歌から始まり福井地裁の高浜原発再稼働差し止め判決を伝えたり柏市の清掃工場で保管している焼却灰の実情を訴えたりしました。
 統一地方選の投票率にふれて、「もっと自分の問題として考えていこう。! 自分の考えを表明していこう。!」という発言は本当にそのとおりだと思います。
 立ち止まって署名してくださった方は、「絶対再稼働なんてダメだよ。お金が動いているんだよ。」と原発マネーの問題も指摘されていました。
 雨とともに寒さも増してきた中でしたが、次々と参加者が駆けつけてくれました。
 終了と同時にまた激しい雨となりました。本当に不安定な天気の一日でしたね。

4月10日(金)第134回金曜日行動

  「春に3日の晴なし」といいますが、冷たい雨の中の行動となりました。

県議会選挙中ということで選挙活動をしている人がいたのでサイレントアピールとなりました。

 雨の為チラシの受け取りはいつもより少なかったのですが、進んで足をとめ署名に協力してくださった方々が多く心強かったです。

 今日から新潟県知事に向けて「東京電力柏崎刈羽原発の再稼働を承認しないでください。」という署名を始めました。

参加者は肉声で「カナダにまで汚染水が届いていたよ。」とか「今日は134回目の行動です。再稼働はやめさせましょう。」などと思い々のアピールをピラカードを掲示しながら行いました。厳しい条件の中でしたが「いつもの時間」・「いつもの場所で」12人の参加で行動を終えました。

 来週はマイクを持って歌にスピーチにと取り組みたいと思います。


4月3日(金)第133回金曜日行動

今日は強風、小雨降る中始まりました。

県議会議員選挙ということもあり6時から立候補者の選演説が前半30分ほどありましたが、音なしチラシまきを地元労働組合とともに行いました。

後半はいつも通り抗議行動となりました。

用意したチラシもなくなり終了前には風も雨もすっかりなくなっていました。

 

3月27日(金)第132回金曜日行動

 桜の開花宣言があちこちで発表されましたが、柏はもう少し、来週あたりでしょうか。夕方6時は 明るくなって通る人の顔がみえるほどです。春休みに入り、小学生が行き交います。その親達は関心を示そうとせずに通りすぎてゆきます。
 チュルノブイリでは、今3世の赤ちゃんたちが障がいをもって、うまれてきているといいます。2世の親は元気でも遺伝子が傷ついているからだといいます。今日本でも元気に暮らしている子供達、でも次の世代はどうなるかわかりません。チェルノブイリから警告はでているのですから。
「知っているなら伝えよう。知らないら学ぼう」ということで、原発事故の恐ろしさを知ってしまったみなさん、伝えていきましょう。学びましょう。
 
 今日の発言の中から、「今は危ない時だが、新エネルギーを開発できる希望がある」確かに見方を変えると、安全神話は崩れ、新しい価値観を作るときがきました。
 
 今日の空間線量は0.10マイクロシーベルト前後でした。
 

 さて 来週は桜が満開でしょうか。お花見ついでにどうぞ。

 

3月20日(金)第131回金曜日行動

  日中は暖かくなって春を感じる日々が続いていますが、夕方からは、やはりまだまだ風が冷たいですね。

 前に「辺野古に行ってきます。」と言っていた青年が今日参加されました。1週間近く行っていたそうです。自分の目で見て耳で確かめ肌で感じたものです。それは「沖縄も原発も同じ」とのことでした。命を大切にしたいという想いが届く社会に大人も若者も行動しましょう。

 原発を動かすためにも廃炉にするためにも莫大なお金が使われていること。それに税金がまわされていることなどについて参加者と対話した若いひとたちが署名をするために足を止めてくれました。

 大堀川でも手賀沼でも柏の葉公園でもまだまだ放射線量の高いところがあります。福島第一原発の汚染水も解決できずにいます。

「見えないからといって忘れることなく原発反対の声をあげ続けましょう」と発言が続きました。


3月13日(金)第130回金曜日行動

  久しぶりに地域の労働組合の方々の宣伝行動がありましたので、音を出しての行動は30分間となりました。

 4度目の3・11を迎えた後の行動でしたので福島の被災地や被災者の方々を思っての発言が多かったです。

4年が過ぎてもなお仮設での生活は本当に大変なのでしょうと。

 今日はじめてマイクを握った方は、「未来へ汚れた大地を残していいのでしょうか。??”原発をなくすために”の一点で保守も革新もなくの行動です。みんなの力で安倍政権が原発をなくすという方向へむくようにいっしょにやりましょう。!」と力をこめての訴えでした。

 「放射能に国境はありません。」とドイツでは原発事故対策の欧州共同行動を提起しています。

 見えない放射能 今日の駅前は0.124~0.101ms(マイクロシーベルト)でした。


 ”命を守りきれいな大地を未来へ残すために”の行動は毎週続きます。できることを少しでもみんなの力をあわせましょう。!!


3月6日(金)第129回金曜日行動

  今日は啓蟄、はい出た虫も冷たい風にびっくりしているでしょう 。

Wデッキの上はまだ寒いです。あの福島原発事故から4年。みなさんはあの日どこで、何をしていましたか?いいお天気でしたね。まさかこんなことになろうとはです。

 

 千葉サミットに参加してきました。各地から参加あり行動のやり方など紹介して「原発なくせ、命を守ろう」と行動の継続を確認しました。

8日は国会大包囲があります。運動はひろがっています。できるところを参加しましょう。

 

 事故原因もわからないのに再稼動はおかしいという発言が多かったです。発言の中から「事故の後子供達は運動会をやりました。除染した土は校庭の隅に埋められました。柏市の放射能廃棄物は1000トン、北部 南部クリーンセンターで保管されます。最高14万ベクレルという高濃度の放射能が出ました。これからも廃棄物はふえるだけです」「原発がうごいてほしくないと思っているだけではかわらない。行動しないと」「福島のこと、放射能のことを忘れているのではないかと心配している。小さいことでも行動して世界を動かそう」

「原因もわからない解決しないものを外国に輸出するのはおかしい」「メディアは情報をしらせない。情報をしるためには受身ではだめだ。自分から動くこと。一緒に考えよう」

「政治はカッコイイ。カッコイイものをつくろう」

 先週の若者がきてマイクを握ってくれました。明日から辺野古にいきます。

若者の未来にカンパイ、ガンパ。

 

空間線量は0.10マイクロシーベルト前後でした。。

 

 


3月1日(日)第5回脱原発サミットin千葉

 

2月27日(金)第128回金曜日行動

 今日はWデッキの上は風が冷たく、横断幕を下におろしました。

多くの人は足早に通り過ぎてゆきますが、きょうは新しい出会いが

沢山あり、あちこちで対話がうまれました。

 

 あさって高校を卒業するという若者はマイクを握って、「無関心に通りすぎないで、原発に賛成の人も反対の人も対話しよう。

友達と原発や政治について話をするとうっとうしがられるが、話をしていきたい。もうすぐ、辺野古に行ってくる」と発言してくれました。卒業おめでとう。自分の眼でいろいろ見て考えてきてください。こんな若者がいると、未来も明るいかな。また辺野古の報告をしにきてくださいね。いつでもこの時間に待っているよ。

 

 署名をしたご婦人が、「原発はいりません。私具合が悪くて、病院にいったら、甲状腺にのう胞が見つかった。絶対原発のせいだと思うけど、医者は因果関係はわかりませんという。孫にものう胞があった。ここはホットスポットなのだから、みんな調べた方がいい。調べていないから平気な顔してすごしている。電気だって

まにあっているのに、再稼動なんて人間のやることではない」と涙ながらに話して、カンパをくださり、身に着けていたホッカロンを三個もくださいました。あたたかさが伝わってきました。ありがとう。

 

 そのほか汚染水問題、いつ解決するのでしょう。凍土壁はどうなっているのでしょう。


次回は3月です。もうすぐ原発事故から4年になります。忘れないよ。

今日の空間線量は 平均0.112 マイクロシーベルトでした。

 


2月20日(金)第127回金曜日行動

  昼間は暖かい時間があっても、夕方はやはり寒いです。通り雨がありどうなるのかと思いましたが、時間になると、皆さん鎌ヶ谷 、我孫子、野田,流山 、松戸などから集まってきました。みなさん個人参加です。

 
 今日足を止めてくださったかたが、「みなさんエネルギーがありますね」と感心していました。「3.11で原発事故の怖さを知ったから、毎週ここに来るのですよ」と話しましたが、ご近所でも世間話のなかで、原発のこと話ができるといいのですが、みなさんのまわりではいかがでしょう?
 
 東京新聞の朝刊より。東京新聞が千葉 茨城の湖沼のセシウム濃度を測定した結果が発表されました。
 手賀沼 流入部  272-932  湖沼内 1015
     流出部  648-1075ベクレル/キログラムちなみに柏市内の土 500前後でした。
 
  今日の空間線量は0.111マイクロシーベルトでした。



2月13日(金)第126回金曜日行動

今日は寒風吹きすさぶ中の行動となりました。線量計の数値もちょっと高めに推移してました。風の影響かなとおもわれます。

 バレンタインディ前夜ということもあり向かい側ではjazzバンドの演奏もありました。

 

今日の発言ダイジェストから


全国の原発が停止してから滋賀県沖の海水温が3℃さがったという研究結果がでています。地球温暖化の一因、魚介類の生態系の破壊へとつながっていきますね。これが環境にやさしい原子力といえるのでしょうか。??

 

 


カンパ、署名もたくさん集まりました、またカラフルなプラカードも増えました。

来週もガンバ、ガンバ!!


2月6日(金)第125回金曜日行動

  先週と違い今日は行動しやすい天候でした。

この行動に最初から参加し、昨年長野県へ転居した方がひょっこり顔を見せてくださいました。転居先でも「原発なくそう」の声を広げる行動に参加しているという話に元気づけられました。

  原発訴訟を取り組んでいる河合弘之弁護士が制作されたドキュメンタリー映画「日本と原発」をみられた方から「原発事故の真実を知るために是非観てほしい。!!」と発言がありました。「私たちは原発で幸せですか。?」と問いかけています。

 目に見えない放射能への不安、政府の国民の命を軽んじる言動・原発輸出を中東への危険性など。今日もさまざまな視点からのスピーチが寄せられました。

 「この行動だけで原発再稼働が止められるのか。??」という意見も耳にしますが、国民の声を無視する動きに黙ってはいられないという思いが金曜日になると柏駅へ足を運ばせているのだと思います。

 ひとりひとりのできる形で”おもい”を声にあらわしていきたい。と来週も続きます。


1月30日(金)第124回金曜日行動

 今日は朝から雪でそのうちみぞれ、そして雨にかわり夕方はどうなるかと思っていましたが、ありがたいことに雨もあがりました。よかったです。

 いつもの場所は雪が残っていたので、反対側でやりました。

風が強く署名用紙がばたばたとして、寒い中手袋をとって署名してくださった方、チラシをうけとって下さった方々ありがとう。

 

 福島原発事故でその恐ろしさを知ってしまったから、暑くても寒くても続けていかなけらばなりません。

放射能はみんなの上に降り注いでいます。チェルノブイリでは海は汚さなかったけれど、福島原発事故は海も汚しています。セシウムは問題になっていますが、それと同量でているストロンチウムは、測っていないので報道されません。ストロンチウムは白血病、

発達障害をおこすといわれています。

 

 発言の中から「大人の責任をはたそう」「御嶽山爆発で火山爆発の怖さを知ったけど、川内原発は大丈夫なの?」「「リニアは活断層の下を掘るというけど、安全性は?運転手もいないのに」原発が必要なのか考える時です。

 

今夜の空間線量は「0.09マイクロシーベルト」前後でした。

 来月はもう2月です。少し早いけど「おにはそとーふくわうちー」


1月23日(金)第123回金曜日行動

  大寒に入り今夜は、北風が冷たく、東口のダブルデッキはふきっさらしで、署名用紙、カンパ袋がとんでいくほどでした。

 久しぶりに来た若者は友達を連れてきて、署名していきました。またきてね。
緊急全国署名 九州電力株式会社社長あてに「九州電力は、川内原発再稼動の前に住民に説明し同意を得よ」にご協力ありがとうございました。
「 原発はいらないよ」「遺伝子を傷つけるから」「再稼動なんてとんでもない」などいいながら署名に、話がはずみ(?)足をとめて署名してくださいました。
 
 発言の中で、映画「日本と原発」の監督の河合 弘之さんの講演に参加した報告です。
「裁判はたったひとりでも正義をかけて闘える民主主義社会の安全弁みたいなものだ。だから、僕はひとりでも闘う。でも、それだけじゃ、みんなに伝わらない。ひとりでも多くの人に真実を伝えるには、やはり映画しかない」
 
 大間原発はあぶないMOX燃料を使用する原発を作ろうとしている。対岸の函館市は住民の安全はどうか裁判をおこしている。
 
 東電は汚染水の処理が今年度中に終わらないと発表した。ぜひ足をとめて、聞いてほしいなどの内容が続きました。
 
 今夜の空間線量は 0.121 マイクロシーベルト前後でした。みなさん風の強いときは、マスクをしましょう。
  

1月16日(金)第122回金曜日行動

 今日は少し寒波も和らいだ行動となりました。


今日も新しくジツとスピーチに聞き入ってくださった方がいらっしゃいました。

少しずつ原発に関心をもってくれる方が増えてくれることを願うばかりです。

今日の線量計は、0.09~0.1ms(マイクロシ-ベルト)の数値をあらわしていました。

 

以下スピーチから 抜粋です。

政党交付金を福島の方々のために使ってはどうか。??

最近のテレビでは阪神淡路大震災のことが中心話題になっているが、また大震災がおきたら原発周辺地域だけの問題だけではすまなくなるという現実的な意見もありました。


ソーラーシェアリングというコストパフォーマンスのよい方法が千葉県市原、茅ケ崎でも行われてるという事でした。


新しい参加者の方はラストソングの輪でも一緒に唄ってくださいました。

27年1月9日(金)第121回金曜日行動

今年初めての金曜日行動です。今日も肌寒い中多くの参加者で始まりました。

スピーチの正面でジツと立ち止まって聞いてくださる方もいらっしゃいました。急ぎばやにカンパをくださった方ありがとうございました。

用意したチラシもすべて配布されました。

線量計も0.03から0.11までと風速、風向によって大きく変わっています。はたしてこのままでいいのでしょうか。??






12月26日(金)第120回金曜日行動

冬至もすぎ、昼間がすこしずつのびてきましたが、夕方6時は

まだ暗いです。署名、カンパなどが目立ちませんが、なにかよい方法

はありませんでしょうか?

 今夜は交通渋滞などもあり、最初、出足は少なかったのですが、後半

旅行から帰ったばかりの方や、仕事帰りの方も集まり、22-23人ぐらいになり「こどもをまもろう」「再稼動反対」などのコールも力強いものとなりました。

 映画「標的の村」の沖縄 高江地区の方の24時間命を懸けての抗議行動から比べれば、一週間に一時間の行動は 「なんくるないさー」です。来年も引き続き1月9日(金)夕方6-7時から行います。

 一時間でなくてもちょっと立ち寄ってもOKです。気軽によってらっしゃいみてらっしゃい です。

 福島の子供達の甲状腺検査で「がんの疑いあり」が4人いたことや、川内原発

の再稼動への疑問、汚染水などの発言がありました。

 寒くなってきたので、チラシを受け取る方もすくないかと思いましたが、用意したチラシはなくなりました。カンパもいただきありがとうございました。

今夜の空間線量は0.120マイクロシーベルト前後でした。

 インフルエンザもはやっているようです。手洗い うがいで 免疫力をおとさず元気に過ごしましょう。それでは来年またよろしくお願いします。

12月19日(金)第119回金曜日行動

今夜は昨日と違い風がなかったせいか、寒いけれどまだ大丈夫

な夜でした。全国で行動している皆さん、どのようなお天気でしょうか?

どうやらこの行動長くなりそうです。体には十分注意して継続しましょう。

 

 柏駅ではクリスマスが近いせいか、Wデッキの下でゴスペルの演奏があり、にぎやかな声が上がってきて、ときどきこちらの声が聞き取りにくいことがありました。

 先日の12月13日「 反原発☆渋谷大行進 」には 3800人が参加し、川内原発再稼動に反対の意思表示とデモ行進をしました。こうした記事は選挙にかくれてしまい、なかなか報道されません。原発関係の記事は小さくなるか、報道されにくくなるようです。注意していきましょう。

 

 チラシを配っていると、「がんばって」という声や、カンパをしてくださる方もいますが、「原発は必要」と言って通り過ぎるひともいます。でも、福島ではまだ避難生活をしている人が12万人以上といいます。狭くて寒い仮設住宅で4度目の冬を過ごす人もいます。もしご自分がその立場だったらどうでしょう。忘れないで

ください。それに放射能のごみは処分方法も処分場所も決まっていないのです。すべて次世代の子供達に相続させますか?

 

 節電生活をはじめて、50Aから20A生活にしてけれど、生活に支障がない。リニアへの疑問。替え歌などなど発表がありました。今夜の空間線量は0.10前後でした。

 

 次回は今年最後の行動になります。暖かくして参加おねがいします。

 

 

 

12月12日(金)第118回金曜日行動

 いつもの駅前は、クリスマスソングを演奏するバンドや選挙活動をする人達で使えず、SOGOよりの通路へ場所を変えました。

 駅のホームから見上げると丁度目に入る処です。気づいてくださった方がいると嬉しいのですが。・・・

 先週初参加の方が連続して参加。今日はチラシ配りもやってくださいました。”選挙へいこう。!”・”脱原発の意志を示そう。”の発言や”汚染水問題が解決していないのに輸出なんてありえない!。”・”災いを世界にひろげない。”とアピール

 千葉県我孫子市にある土地に持ち込んだ高濃度の焼却灰を各市が引き取らなければいけないのに、柏市はいまだに保管場所が決まっていないという事も明らかになりました。

 発言者の後ろでギターとオカリナで”花は咲く”のバック音楽が場を盛り上げます。

 国会前で唄われている”うらんちゃん”が歌う”川内原発再稼動するな。”の歌も披露

 いろんな方法で「原発事故は収束していない」・「原発ゼロ」を伝えていきましょう。!!

 今日の放射線量は、0.143とちょっと高めの時がありました。風のせいでしょうか。・・・

 「身体を冷やさず発酵食品を取り抵抗力をつける努力をしましょう。」との発言も。

 来週も暖かくしてご参加くださいね。