コメント: 1
  • #1

    no (月曜日, 25 6月 2018 14:45)

    経済産業省は「再エネを主力電源とする」と認める方向ですが、その比率は2014年版と同じ「原子力20~22%、再エネ22~24%」は変えていません。
     東日本大震災が発生する前の時点で、日本の電力発電において原子力が占める割合は約30%でした。そうであるならば30%節電すれば原発は不要となるのではないでしょうか。
     私たちにもできる節電の方法はたくさんあります。電球をLEDに変える。こまめにスイッチを切る。。試してみてください。節電は発電です。