2018年6月1日からカウンター カウンター名の閲覧数

 

JR常磐線柏駅東口ダブルデッキにて毎週金曜日 午後6時から7時 抗議行動を開催しております。

 

圧力にまけないように声を出していきましょう。どんな形でもいいので(自分のできる方法で)少しでも多くの無言者に向けて。!! 無言ということは”OK”したと同じことになってしまいます。

身体を壊さず無理せず運動を持続していきましょう。

「継続は力」です。いまは微力でも必ず大きなうねりになることを願って民意を反映させましょう。(非暴力、非武装)

  なお、誹謗中傷等の投稿が発見されましたら削除させていただきます。

今日の変更掲載箇所  トップページ 金曜日行動その6

随時掲載してまいります。

  • 再生可能エネルギーについての情報 求めてます。「ブログ」へ書き込みお願いいたします。

                                                                                                                                                                       最終更新日 2018年9月21

----------------------放射能について---------------------

 まずは、『放射能』の言葉の意味ですが、簡単に言いますと『放射線』を出す能力の事です。

『放射線』とはいわいる、言葉の通り『放射能物質』から出る「光の強さ」様なものです。

 

 太陽光の紫外線もごく弱い放射線です。ですから、真夏の強い紫外線が皮膚にあたると皮膚の細胞(DNA)を破壊しますので、自己防衛機能として日焼けをすることにってフィルタをかけて紫外線の進入を妨げています。

 

 太陽光の強い地方によって人間の肌の色が濃くなりますよね?

ちなみにオーストラリアはオゾン層の破壊により紫外線が多く降り注ぐので、特に白人は皮膚の破壊が多くなり、本来人間の持っている回復機能が間に合わない(DNAの修復出来ない)ため皮膚がんの発生が多くなります。

(もともと原住民のアボリジニは黒いですよね)ちまたで話題なっている、ヨウ素、セシウムなどの物質の元素は重たいので飛散しにくいです。一部、ガス化されたものは違いますが。。。

 

 一般的に放射性物質は毒性(線量)が強いほど質量が重たいです。(鉛より重い)

 

 一般的には、地球上の物質は引力によって(大気も)保たれていると考えてよいので、成層圏(引力の弱くなる高さ)まで行けは、宇宙に放たれえることが考えられますが、現状では、気流等で拡散しているので下がっていると思ったほうが正しいでしょう。

  

 中には距離に関係なく、たまたま、低レベルの放射性物質のチリなどが集まった所は強くなります。また、下水処理場などで線量が高くなるのは地上に積もったチリが雨などで、多く流れ込んで沈殿して起きている現象です。

(牛さんも低レベルの物でも沢山食べれば体内に蓄積されます)

 

 放射線量が下がると言う表現は、実質的に「拡散して薄まる」の表現に近いように思います。

 

 放射線にもα、β、γ、中性子線と線量の種類があり、それぞれ、影響する距離や遮断出来る特性が違いますので正しい知識が必要です。

 

 最後に、放射性物質には放射線を出し続ける時間があり、半減期と呼ばれてますが、今を100とすると50(半分)になる時間を表しています。ヨウ素の半減期は8日とか聞いたことがあると思います。

ちなみにセシウムの半減期は2,30年だったと思います。

 

 また、このような放射性物質か出る放射線によって放射化と呼ばれる現象があり、本来放射性物質でない物質が放射線物質へ変わる現象もあります。ですから、原子炉の格納容器(鉄)、コンクリートの壁(砂、石)などは、長年の放射線により、放射化が起きて放射線物質に変わってしまいます。

放射能とは放射性物質が崩壊する際放射線を出す性質のことを指します性質ですので重さはありません。また、放射線の重さは種類によって違います。

α線は陽子および2個の中性子の質量β線は陽子や中性子の質量の約1/2000 γ線は0(電磁波だから)

 まあ、トリチウム(三重水素)みたいに空気より軽いものもありますがね(原子炉内でリチウムに中性子照射して作るのですがね)

  

 α:β:γでの人体における影響度の違いは

20:5:1大まかにこれくらい違います(威力だけだとα=β*20~10^-2=γ*10^-4ほど違いますが^^;)

 α線は紙1枚で防げますが内部被爆になると・・・・・・・・悲惨です

 

 しかし、危険度としてはまちまちです

特に危険なのはI131(ヨウ素)は生体内半減期が120日で物理的半減期が8日ととても危険で尚且つβ崩壊です

逆にCs137(セシウム)は生体内半減期が100日、物理的半減期が30年と長くそこまで危惧する心配は無いと思います

(一般に子供であればあるほど体外排出は早い)

もちろん量が多くなければの話ですが また、α系はそもそも内部被爆しにくい筈です(重い元素が多く飛散する距離が短いため)ですがが万が一にも体内に取り込まないようにするのが一番ですね。

 

 yahoo 知恵袋より転載

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


 一般市民のみなさまのご意見を”ブログ”へどしどし投稿ください。

これが皆様の希望、意向として政府、東電へ反映されご理解いただけるものとして信じています。同じ血の通った人間として理解していかれる者として。

 人間は使い捨ての道具ではないのです。同じように今の世をいきているのです。

少しでも良心というものがまだあるなら東電関連職員のみなさん。自分の給料が安定するなら他者の命がどうなってもいいのですか。??

 自分の収入が安泰なら他者の生活、命がどうなってもかまわないのですか。せつに願います。

廃炉費用、賠償金を税金、電気使用量から捻出しようとしてますます国民の負担はふえるばかりです。

 電気料金が払えず送電ストップとなり冷蔵庫の食料は腐敗しエアコンも使えず熱中症、餓死、凍死になりそれでも東電はしらんぷりですか。?? それが人間のすることですか。

仮にも公共企業のするることですか。??

 

身体に有害と言われているアルコール、タバコは自分の意志でやめることは可能といわれています。しかし放射線はところかまわず侵入してきます。

 

世界湖沼会議 2018 10/15から10/19 つくば国際会議場

原子力規制委員会は4日、東海第二原発(茨城県東海村)が対策工事をすれば新規制基準に「適合」とする審査書案を公表しました。東日本大震災で被災した原発では初の適合で、新基準適合は8原発15基となりました。30キロ圏内の人口は96万人と全国の原発で最多。住民の避難計画づくりは難航しています。

今日は東日本大震災の2011年3月11日から2669日が経過しました。そして、すべての原発が停止した2013年9月16日からは1749日が経過しています。(2018/07/01現在)

東京電力が「原発建設」の再開宣言

 

建設再開??・・・廃炉賠償費用はタダではないのです。その上に建設再開。全部われわれの電気料金値上げに跳ね返ってくるのですよ。!

2018/06/29 日本原電前抗議行動




QRコード